金利の安いカードローン!低金利なのはどこ?

低金利カードローンおすすめ人気ランキング【2022年・最新比較】

低金利カードローンでお得にお金を借りる

利息を少しでも抑えたいなら、低金利カードローンがおすすめ!高額融資を受けるほど低金利の恩恵を受けられます。ここでは、低金利カードローンの紹介から、申し込み方法までお得にお金を借りる方法をわかりやすく解説しています。

12月04日現在の当サイトの申込件数を元に作成したランキングです

楽天銀行スーパーローン

安心の金利と高い限度額!審査もおすすめの銀行カードローン

楽天銀行スーパーローンの審査方法|口コミで評判をチェック!在籍確認や申込み方法
診断 - 審査時間 - 融資時間 最短翌日で融資可能 利用限度額 800万円
実質年率 1.9%~14.5% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 必要

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック

低金利が希望ならおすすめ!審査も30分で回答!

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの審査の流れから評判・申込み方法を解説
診断 お試し診断 審査時間 最短30分 融資時間 最短40分 利用限度額 500万円
実質年率 1.8%~14.6% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 50万円以下なら原則不要

みずほ銀行カードローン

お申込はWEBで完結!来店・郵送不要!

みずほ銀行カードローンの評判は?キャッシュカードでカードローンを利用可能!
診断 - 審査時間 - 融資時間 - 利用限度額 10万円~800万円
実質年率 年2.0%~年14.0% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 -

アコム

融資スピードと手軽さを重視するならアコムがおすすめ

アコムの口コミ評判は?来店不要で即日融資!審査内容や在籍確認は?
診断 3秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日 利用限度額 1万円~800万円
実質年率 3.0%~18.0% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 お借入れ総額により必要

アイフル

審査時間は最短30分で即日融資!1秒診断で事前にチェック

アイフルの審査時間や流れから即日融資を実現する方法!パート主婦なら借入OK
診断 1秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 3.0%~18.0% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

オリックス銀行カードローン

来店不要で低金利!申込みから借入・返済までWEB完結

オリックス銀行カードローン審査の評判|低金利が魅力!在籍確認は?
診断 - 審査時間 - 融資時間 - 利用限度額 最高800万円
実質年率 1.7%~14.8% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 必要

プロミス

WEBなら最短25分融資も可能!初めてなら30日間無利息!

プロミスの口コミ評判!審査基準から即日融資の可否、在籍確認について解説
診断 3秒診断 審査時間 最短25分 融資時間 最短25分 利用限度額 1~500万円
実質年率 4.5%~17.8% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

千葉銀行カードローン(ちばぎんカードローン)

来店不要でWEB完結!最短即日融資の銀行カードローン

千葉銀行(ちばぎん)カードローンの口コミ評判|主婦でも即日融資・在籍確認
診断 10秒診断 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 1.7%~14.8% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 50万円以下なら原則不要

レイクALSA

初回選べる特典で最短15秒審査に最短即日融資!

レイクALSAは最短15秒審査で最短即日融資!評判や在籍確認と無利息期間
診断 お借入れ診断 審査時間 最短15秒審査 融資時間 Webなら最短25分融資も可能! 利用限度額 500万円
実質年率 4.5%~18.0% 無利息期間 あり 総量規制 対象 収入証明書 レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合必要

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」

振込融資!北洋銀行の口座がなくてもWEB完結で来店不要

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」審査の評判は?北海道の銀行カードローン
診断 3秒診断 審査時間 最短翌営業日回答 融資時間 最短翌営業日振込融資 利用限度額 1000万円
実質年率 1.9%~14.7% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 提出が必要

ダイレクトワン

審査時間は最短30分でカード発行!WEB完結で即日融資!

ダイレクトワンの口コミ評判は?即日審査&即日融資で主婦・学生・パート・アルバイトも借入OK
診断 1秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 最短即日融資 利用限度額 300万円
実質年率 4.9%~20.0% 無利息期間 - 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

J.Score(ジェイスコア)

日本初、AIスコア・レンディングでスピード審査&融資

J.Score(ジェイスコア)は審査から最短即日融資!低金利と口コミで評判
診断 - 審査時間 仮審査最短30秒 融資時間 最短即日融資 利用限度額 1,000万円
実質年率 0.8%~12.0% 無利息期間 - 総量規制 対象 収入証明書 当社の極度額と他社のお借入総額が100万円を超える場合。当社の極度額が50万円を超える場合。

(※)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

横浜銀行カードローン

神奈川県・東京都に在住ならおすすめ!低金利カードローン

横浜銀行カードローン審査・評判「専業主婦OK」で最短で翌日融資・おまとめローンも
診断 3秒診断 審査時間 最短で翌日 融資時間 最短で翌日 利用限度額 1,000万円
実質年率 年1.9〜14.6%(変動金利) 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 借入限度額が50万円を超える場合は必要

スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

【最短即日審査】来店不要!PC、スマホで契約まで完結!

スルガ銀行カードローンのリザーブドプランの評判!専業主婦でも最短即日審査&翌営業日融資が可能!
診断 仮審査 最短1分 審査時間 最短即日 融資時間 即日融資 利用限度額 800万円
実質年率 3.9%~14.9% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 500万円以下なら原則不要

イオン銀行カードローン

低金利なのに最短即日融資も可能?

イオン銀行カードローン口コミ評判は?審査の通過率や申込み方法も紹介
診断 簡単お借入れ診断 審査時間 最短即日 融資時間 目安は1週間程度 利用限度額 800万円
実質年率 3.8%~13.8% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 必要

静岡銀行カードローン「セレカ」

低金利なのに最短30分スピード審査可能!最短即日融資も

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査や口コミ評判|即日融資で専業主婦の借入も可能
診断 5秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 最短即日 利用限度額 500万円
実質年率 4.0%~14.5% 無利息期間 最大45日間※キャッシュバック 総量規制 対象外 収入証明書 -

auじぶん銀行カードローン

スマホ完結!au限定割&ATM手数料無料で大人気!

auじぶん銀行カードローン|審査時間・融資時間・在籍確認・借り換えローンを調査
診断 - 審査時間 最短翌日以降 融資時間 最短翌日以降 利用限度額 最大800万円
実質年率 0.98%~17.5% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 必要

住信SBIネット銀行カードローン‎

限度額1,200万円!金利が年1.59%~は驚きのスペック

住信SBIネット銀行カードローン審査の評判|融資から在籍確認・借り換えローン
診断 お試し診断 審査時間 - 融資時間 - 利用限度額 1,200万円
実質年率 1.59%~7.99% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 -

ソニー銀行カードローンMONEYKit

WEB完結で低金利「年2.5%~13.8%」最短即日融資

ソニー銀行カードローンMONEYKitとは?審査や即日融資、専業主婦の借入について紹介
診断 - 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 2.5%~13.8% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 300万円以下なら原則不要

常陽銀行カードローン

来店不要で口座があれば最短即日融資!家族に内緒で借りたい

常陽銀行カードローン・キャッシュピットの審査まとめ「専業主婦OK・即日融資対応」
診断 5秒診断 審査時間 最短60分 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 2.5%~14.8% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 500万円以下なら原則不要

八十二銀行カードローン「はちにのかん太くんカード」

即日審査&口座があれば最短即日融資!専業主婦もOK

八十二銀行カードローン「はちにのかん太くんカード」即日審査&最短即日融資!専業主婦も
診断 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日融資 利用限度額 500万円
実質年率 5.5%~14.5% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 限度額500万円まで原則不要

低金利カードローンを比較!少しでも安くお金を借りる方法

できるだけ金利負担を抑えて現金融資を受けたい方には、低金利&無利息のカードローンがおすすめです。

主な低金利タイプは銀行カードローン、主な無利息タイプは消費者金融のものになります。無利息カードローンは30日間無利息サービス付きのものが主流です。

本記事では、低金利カードローンにはどのようなものがあるのか、低金利カードローンを利用することで得られるメリットなどについて解説します。

低金利カードローンにはどんなものがある?

利息はカードローンを提供する金融機関の収入源であるため、カードローンと利息および金利を切り離すことはできません。とはいえ利用者としては、できるだけ利息の支払いを少なく抑えたいところですね。

低金利のカードローンには、どのようなものがあるのか確認していきましょう。

「低金利」は銀行カードローン

「低金利タイプ」のカードローンとして知っておくべきなのは、主に銀行カードローンです。多くの銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと比べて低金利となっています。利息による負担を抑えつつ、現金融資を利用できます。

「無利息」は消費者金融カードローン

「無利息タイプ」のカードローンとしては、消費者金融カードローンの一部で提供されています。消費者金融のカードローンには一定期間の無利息サービスを備えるものが多く、上手く活用すれば金利負担を抑えることができます。

以上のように2タイプある「低金利&無利息のカードローン」ですが、金利負担を少なく抑えられる点はどちらのタイプも同じです。ただし、低金利タイプと無利息タイプでは、利用をおすすめできる人の属性が異なります。

低金利カードローンのメリット

  1. 月々の返済額が少なくなる
  2. 返済する総額が少なくなる
  3. 返済期間の短縮につながる

月々の返済額が少なくなる

借り換えをして実質年率が下がれば、月々の返済額は下がり、返済の総額も大幅に下げられます。

例えば50万円を「実質年率18.0%」で借りている人が、「実質年率15.0%」のローンに借り換えると、月々の返済額は「18,076円」から「16,846円」へと少なくなります。

また、2年で完済するとして、返済総額は「約44,000円」も、少なく抑えられます。月々の返済額が少なくなれば、財布と心に大きなゆとりが生まれるでしょう。

【よくある質問】カードローンの金利について

Q. 上限金利17.8%のカードローンで100万円を借りたが、金利15.0%に設定された。どのような理由で金利が優遇されたのか?

A. 金銭貸借上の上限の金利は、「利息制限法」という法律によって定められています。また、利息制限法の上限金利は借入額によって変動します。

利息制限法で定められた金利
・借入額が10万円未満の場合、年率20.0%
・借入額が10万円以上100万円未満の場合、年率18.0%
・借入額が100万円以上の場合、年率15.0%

100万円以上の借入の場合は利息制限法によって上限金利が15.0%となるため、今回のケースでは金利が優遇されたのではなく、「利息制限法が適用されたため」と考えられるでしょう。

返済総額が少なくなる

実質年率が低くなれば、返済総額は大幅に変わります(※具体的な数字や、返済シミュレーションについては、記事の後半で詳しく説明します)。

返済期間の短縮につながる

実質年率が下がったことによりカット出来た金額は、繰上返済に充当しましょう。返済額を少しずつ増やせば、予定よりも短い期間で完済できます。

カットした金額を繰り上げ返済に充当 ⇒ 返済期間の短縮

貯金箱また、完済時期が早まれば、カード会社や信用情報機関は「返済能力の高い会員」として、良い信用情報(利用履歴)を残してくれます。

信用情報は、今後の融資審査や増枠にも大きく影響します。

返済能力

返済能力とは、カード利用者の「支払い能力」を示しています。例えば、計画的に毎月返済を続けていれば、良い利用者として履歴が(信用情報機関に)残ります。また、予定よりも早く完済すれば「計画的返済ができる会員」として、さらに高い評価が与えられます。
信用力を高めることは「ローン審査を優位」にするだけでなく、増枠の金額や、クレジットカードの発行にも影響します。カード審査や増枠申請が通らないという方は、信用力を高めることから始めましょう。

低金利の銀行カードローンがおすすめな人診断

以下のいずれかに該当する方は、「低金利タイプ」のカードローンの利用を検討する価値大です。

  • 少しでも低い金利で借り入れしたい人
  • クレヒスに自信がある方(限度額が高く出来るため更に低金利)
  • 大きな金額を長期間借りたい人

少しでも低い金利で借り入れしたい人

「低金利タイプ」のカードローンは、少しでも低い金利で現金融資を受けたい方におすすめです。このタイプのカードローンの最高金利は、高くても14%台。契約さえ済ませれば、いつでも低金利での借入れを行えます。

クレヒスに自信がある方(限度額が高く出来るため更に低金利)

クレヒス(クレジットヒストリー)に自信のある方に、「低金利タイプ」のカードローンはおすすめです。クレヒスとは、ローンを含む借入や返済の実績を示す履歴のこと。クレヒスが良好でかつ社会的ステータスが高ければ、カードローンの限度額を高額に設定できる可能性があります。

限度額が高額になるほどに、適用される金利はより低くなるものです。また、クレヒスが優れていれば、後ほどご紹介する特に低金利なカードローンを利用できる可能性も高くなります。

大きな金額を長期間借りたい人

「低金利タイプ」のカードローンは、借入期間の長短に関係なく低金利での借入を行えます。また最高限度額が高く、かつ総量規制の対象外であることも、このタイプのカードローンがもつ魅力の1つ。

以上の特徴を持つことから、「低金利タイプ」のカードローンは大きな金額を長期間借りたい方におすすめできます。

無利息の消費者金融がおすすめな人診断

以下にあげる項目のいずれかに該当する方であれば、「無利息タイプ」の利用に適していると考えて間違いありません。

  • 無利息期間内に確実に返せそうな人
  • クレヒスに自信がない人
  • 少額を手軽に借り入れしたい人

無利息期間内に確実に返せそうな人

多くの「無利息タイプ」のカードローンには、30日間の無利息期間が設けられています。この期間内に借りたお金を全額返済すれば、利息の支払いは一切なし。30日以内の完済を確実に行える方であれば、「無利息タイプ」のカードローンを利用して損はありません。

クレヒスに自信がない人

先に触れたように、「無利息タイプ」のカードローンを提供するのは消費者金融です。消費者金融は、銀行カードローンと比べて審査が甘め。クレヒスに自信がない方でも、審査を通過できる可能性は十分にあります。

また、社会的ステータスに自信のない方も、「無利息タイプ」のカードローン利用にチャレンジする価値大です。

少額を手軽に借り入れしたい人

先にご紹介したとおり、「無利息タイプ」のカードローンは30日間の無利息サービスを利用可能です。利用する額が少額であれば、30日以内に完済できる可能性は大。少ない金額を手軽に借入したい方に、「無利息タイプ」のカードローンはおすすめです。

低金利カードローンに申し込む前に知っておくべきこと

最低金利が適用される可能性は低い

銀行カードローンや消費者金融カードローンなどの金利には、3.0%~16.0%のように上限と下限の利率が設定されています。ただし、最低金利が適用される確率は非常に低いです。

カードローンを利用する際には、これらの利率の幅の中で利用者の金利が決定されます。ほとんどのカードローンでは、借入額に対して異なる上限金利になっていて、少額の限度額=金利が高い、高額な限度額=金利が低くなるように設定されています。

例として、楽天銀行スーパーローンの借入額に対する金利の割当表を確認してみましょう。

楽天銀行スーパーローンの借入額に対する下限~上限金利

限度額 金利
100万円未満 14.50%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
500万円以上600万未満 4.5%~7.8%
600万円以上800万未満 3.0%~7.8%
800万円 1.9%~4.5%

※楽天銀行スーパーローンでは、100万円以内の少額キャッシングの時には上限金利14.5%ですが、350万円以上のお金をキャッシングする場合には上限金利が8.9%とグッと下がります。

少しでも低金利でお金を借りたい場合は、各カードローンの公式サイトなどで公開されている上記のような「金利の表」を確認しながら、最も低金利でお金を借りられるカードローンへ申し込んでください。

カードローンで金利を下げる方法はあるのか?

カードローンに適用される金利ですが、そもそも金利の優遇を受ける方法はあるのでしょうか。

  • 何度もリピートして優良顧客として認められる場合
  • 年収や社会的立場が高く、返済能力が非常に高い場合

何度もリピートして優良顧客として認められる場合

player_button14_repeat

カードローン契約後に何度もキャッシングを利用して、しっかりと返済・完済している方は、カードローン会社から「優良顧客」として認めてもらえます。

カードローン会社は顧客にキャッシングを利用してもらうほど利益を上げられるので、しっかり返済してくれる優良顧客へは金利を下げてでもお金を貸したいと考えています。

何度もカードローンをリピート利用してしっかりと完済している方は、優良顧客としてカードローンの金利を下げてもらいやすい傾向があります。

年収や社会的立場が高く、返済能力が非常に高い場合

また、上場企業に勤務していたり、年収が非常に高かったりする場合など、返済能力が高く「必ずキャッシングのお金を返済してくれる」と判断される場合も、金利を下げてもらえる可能性があります。

銀行や消費者金融はカードローンを貸し倒れされると赤字となりますが、しっかり完済してくれそうな方は「貸し倒れによって赤字になるリスク」が限りなくゼロに近くなる(=売り上げに繋がる)ためです。

年収などの返済能力が高く、これから優良顧客となってくれそうな利用者へは、カードローン会社が特別に「金利の優遇」のサービスを提供してくれるケースもあります。

低金利カードローンでも長期返済すると返済総額が膨らむ

低金利のカードローンと契約して、お得にカードローンを利用できると思っていても『返済期間』によって、高金利のカードローンを利用するより損してしまう場合がある点に注意してください。

50万円をキャッシングして5年間で完済する場合の返済総額

カードローンの金利 10.00% 18.00%
返済総額 63万7,411円 76万1,803円
利息 13万7,411円 26万1,803円

カードローンの金利10.0%と18.0%のカードローンの返済総額を比較すると、もちろん金利が低い10.0%の方が返済総額を抑えてお得にお金を借りられます。

50万円を5年間で返済する上記のケースでは、金利8.0%の違いで約13万円もの返済総額の違いがあります。

50万円をキャッシングして1年間で完済する場合の返済総額

カードローンの金利 10.00% 18.00%
返済総額 52万7,495円 55万80円
利息 2万7,495円 5万80円

50万円の借入を1年間で完済するケースでも、もちろん金利が低い10.0%のカードローンの方がお得にキャッシングできますが、差額はおよそ2万3,000円となっていて、そこまで大きな差はありません。

続いて、50万円を金利10.0%で5年間で完済するケースと、金利18.0%で1年間で完済するケースとを見比べてみましょう。

カードローンの金利、返済期間による返済総額の違い

カードローンの金利、返済期間 10.0%で5年間で返済 18.0%で1年間で返済
返済総額 63万7,411円 55万80円
利息 13万7,411円 5万80円

このように、金利に8.0%もの差があっても、短期間でカードローンを完済する方が返済総額を大きく抑えられます

カードローンの返済総額を抑えるためには、金利も大切ですが、「返済期間」に注意しておく必要があります。少しでも返済総額を抑えたい方は、できるだけ短期間で完済するようにしてください。

超低金利のカードローンは危険!?必ずチェック

金利が低過ぎるカードローンは闇金なので要注意!

カードローンの金利が他社カードローンと比べて低過ぎる場合は違法業者である「ヤミ金」の可能性があります。

闇金融(=ヤミ金)

闇金融(やみきんゆう)は、日本において、国(財務局)や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者、または、正規に貸金業の登録をしていながら出資法に違反する高金利を取る業者を指す。ヤミ金融、ヤミ金、闇金とも表記される。

出典:闇金融|ウィキペディア

ヤミ金は、「超低金利で融資します」「審査なしでキャッシング可能」など、甘い言葉で利用者を勧誘しています。甘い言葉に騙されて一度ヤミ金を利用してしまうと、「高額な利息の請求」や「脅迫的な取り立て」など、必ずトラブルに巻き込まれてしまうでしょう。

ヤミ金を見分ける方法

実は、「怪しいカードローン会社がヤミ金かどうか」は簡単に見分けられます。

ヤミ金を見分けるには金融庁のサイトを利用する

リンク:登録貸金業者情報検索サービス|金融庁

上記のリンク先にアクセスすれば、貸金業者の登録番号や所在地、商号や名称、代表者名、電話番号から金融庁に登録がある「貸金業者かどうか」を簡単にチェックできます。

このように、金利が低過ぎるカードローンなど、少しでも怪しいと感じた場合は、上記の金融庁サイトにアクセスし、「信用してよい金融業者かどうか」をしっかりと確認しましょう。

低金利カードローンで○万円借りたケースのシミュレーション比較

実際に低金利タイプのカードローンを利用した場合を想定してシミューレーションを行い、実質的な金利負担を比較していきましょう。各カードローンを公正に比較するために、以下の条件を設定します。

  • 借入限度額は50万円、実際の借入額は30万円とする
  • 毎月の返済額は2万円とする

なお、シミューレーション結果はあくまで簡易的な計算によるものです。実際の借入では、利率や利息が変わる場合があるのでご注意ください。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンで、30万円を借りた場合のシミューレーション結果を見てみましょう。

30万円の借入を行った場合のシミューレーション

適用金利 年14.0%
返済回数 20回(利息が加算されるだけの0回目を含む)
返済総額 335,972円
利息総額 35,972円

限度額を50万円とした場合、みずほ銀行カードローンの適用金利は年14.0%となります。30万円を2万円ずつ返済した場合の利息総額は35,972円。先ほどのゴールドローンと比べて、約1万4千円も利息が上がってしまいました。前述のとおり返済方式が違うので、ゴールドローンとみずほ銀行カードローンの計算結果を単純に比較することはできません。

なお、みずほ銀行カードローンの申込みは、やはりインターネットから行うことをおすすめします。ネットで申込みを行なえば、最短当日中に審査結果を得ることが可能です。

ただし、みずほ銀行の預金口座を持っていない場合はいったん口座を開設してからキャッシュカードが送られてくるため、利用開始までに時間がかかります。

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行のMR.カードローンには、貸付条件の違う2つのコースが用意されています。ここでは2つのコースのうち、プレミアムコースが適用された場合のシミューレーション結果を見てみましょう。

プレミアムコースの場合のシミューレーション

適用金利 7.99%
返済回数 16回
返済総額 317,112円
利息総額 17,112円

ここまでにご紹介したカードローンのシミューレーション結果と比べて、適用金利、利息総額ともに大幅に下がりましたね。やはり、適用金利が利息額に与える影響は大きいといえます。ただし低金利なプレミアムコースは、ある程度社会的ステータスが高く、審査で利用が適当と判断された方にしか適用されません。

なお、MR.カードローンは、インターネットからの申込みにしか対応していません。郵送や電話での申込みは行えないのでご注意ください。

また住信SBIネット銀行の預金口座をお持ちでない場合は、カードローン申込時に口座を作ることになります。口座を開設する手間がかかるぶん、カードローンの利用開始に時間がかかる点も覚えておいてください。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行が提供する楽天銀行スーパーローンも、低金利で利用できるカードローンです。このカードローンのスペックでシミューレーションを行ったところ、以下の結果となりました。

適用金利 14.5%(最高金利)
返済回数 17回
返済総額 333,012円
利息総額 33,012円

100万円未満の借入で適用される金利は年14.5%であるため、試算結果は他の銀行カードローンの場合とほぼ同じになります。楽天銀行スーパーローンの申込方法としては、インターネットを使った申込みがおすすめです。必要書類の提出はスマホアプリによる画像送信で済むので、書類のやり取りなしに契約できます。

三菱UFJ銀行カードローン

顔の彫りが深い俳優さんのTVCMがすっかり定着している、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」。バンクイックの返済シミューレーション結果は、下記のようになりました。

適用金利 14.6%(最高金利)
返済回数 17回
返済総額 333,268円
利息総額 33,266円

バンクイックで100万円以下の借入を行った場合の金利は年12.6%~年14.6%となりますが、ここでは最高金利の年14.6%を適用しています。楽天銀行スーパーローンとの金利差は0.1%ですが、利息総額は250円以上違っています。

なお、バンクイックの申込方法は、インターネットからの申込みとテレビ窓口(自動契約機)の連携がおすすめです。申込手順は他の銀行カードローンの場合と同じ。

まずネットで申込みを済ませて、審査の通過を確認してからテレビ窓口で契約とカード発行を行ってください。

無利息期間を設けている消費者金融カードローンまとめ

無利息期間を設けている消費者金融カードローンのメリット・デメリットなどを紹介します。無利息期間の詳細についても触れますので、カードローン選びの参考にしてください。

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでは、新規利用者を対象とする30日間無利息サービスを実施しています(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)。この無利息サービスが適用されるのは、初回の借入を行った翌日から30日間。契約直後に借入を行わなかった場合でも、無利息サービスをフル活用できます。次に、プロミスのもつメリットを見てみましょう。

  • 審査結果を最短30分で伝えてくれる
  • 最短1時間で融資を受けることができる

プロミスの審査回答スピードは最短30分。融資を受けるまでの時間も最短1時間と早く、急いで融資を受けたい場合に便利です。ただし、プロミスがもつ以下のデメリットには注意しましょう。

銀行カードローンと比べて金利が高い

プロミスの金利は年4.5%~17.8%と、銀行カードローンと比べて高金利です。前節で見たとおり、銀行カードローンでは最高金利を14%台あるいはそれ以下とする場合がほとんど。比較すると、プロミスの金利は高めと言わざるを得ません。

以上の点をご理解いただいたところで、プロミスのおすすめ申込方法を見てみましょう。まず、以下の手順をご覧ください。

  1. パソコンやスマホでプロミスのウェブサイトにアクセス
  2. 申込みフォームに移動して必要事項を入力
  3. 審査結果が通知される
  4. ウェブサイトもしくは専用アプリで必要書類の画像を送信
  5. すぐに現金融資を受けたい場合は振込キャッシングを申込む
  6. 後日ローンカードを郵送で受け取る

プロミスの申込み手段としておすすめなのが、インターネットからの申込みです。ネットでの申込みは自分のペースで行えますし、スマホを使えば好きな場所で申込み手続きをとることができます。

また、上記の申込方法なら、カード到着前に現金融資を受けることも可能。平日の14時までに契約を済ませた場合は、即日融資を受けることもできます。14時以降や土日祝日に申込んだ場合も、契約手続きとカード発行を自動契約機で行なえば即日融資を実現できます。

アコム

アコムもまた、30日間の無利息サービスを実施する消費者金融の1つです。ただしアコムの無利息サービスが適用されるのは、契約を行った日の翌日から30日間。

プロミスの場合と条件が違うので、注意が必要です。続いてアコムのもつメリットとデメリットを見ていきましょう。

  • 審査回答までの時間が最短30分
  • 接客の評判が高い

プロミスと同じく、アコムも申込みから審査回答までの時間を最短30分としています。また、オペレーターの接客が高評価を得ていることも、アコムのもつメリットです。

オペレーターの応対がよければ契約時に知りたいことを質問しやすいですし、アフターケアも安心して受けることができます。では次に、アコムのデメリットを見てみましょう。

最高金利18%と高金利

アコムの金利は年3.0%~年18%。やはり銀行カードローンと比べると高金利です。以上のデメリットがあるアコムですが、メリットに魅力を感じるなら申込む価値は大きいでしょう。以下で、おすすめの申込手順をチェックしてみてください。

  1. パソコンやスマホでアコムのウェブサイトにアクセス
  2. 申込みフォームに必要事項を入力
  3. 審査結果が通知される
  4. ウェブサイトあるいは専用アプリで必要書類の画像を送信
  5. カード到着前に現金融資を受けたい場合は振込キャッシングを申込む
  6. 後日ローンカードを郵送で受け取る

一見してわかるとおり、アコムのおすすめ申込方法はプロミスの場合と同様です。即日融資を利用したい場合は、24時間、土日も銀行振込可能(金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。)となります。契約に自動契約機を利用できる点も、プロミスと同じです。

なお、先にご紹介したとおり、アコムの無利息期間は契約日の翌日から30日間です。無利息期間の恩恵をフルに受けたいのであれば、即日融資を利用することをおすすめします。

アイフル

アイフルでは、2016年2月28日より「30日間利息0円サービス」を開始しています。

サービス適用期間はアコムの無利息サービスと同様に、カードローン契約日の翌日から30日間。この期間内であれば、無利息で現金融資を利用できます。続いて、アイフルのもつメリットをチェックしてみましょう。

  • 最短30分で審査回答を得られる
  • BOX内の電話だけでその場でカードを発行できる

アイフルの審査回答時間も、プロミスやアコムと同じく最短30分。この程度のスピーディーさは、いまや消費者金融では当たり前となっているようですね。

また、ローンカードを専用の無人契約でんわBOXから電話するだけで発行ができるのがアイフルのサービス「てまいらず」です。無人契約機だと、機械の操作がわからなかったり、不安になる場合もありますが、審査もカードの受け取りも電話でナビをしてもらいながらなので安心です。

一方で、アイフルには以下のデメリットがあります。

金利が年4.5%~18%と高金利

アイフルのもつデメリットは、アコムやプロミスと同様です。金利の高さは、「消費者金融のデメリット」と言い換えてもよいでしょう。アイフルのおすすめ申込方法も、アコムやプロミスと同じになっています。以下を確認していきましょう。

  1. パソコンやスマホでアイフルのウェブサイトにアクセス
  2. 申込みフォームに移動して必要事項を入力
  3. 審査回答を受ける
  4. ウェブサイトもしくは専用アプリで必要書類の画像を送信
  5. いち早く現金融資を受けたい場合は振込キャッシングを依頼する
  6. 後日ローンカードを郵送で受け取る

前述したようにアイフルの無利息期間は契約日から30日間となっています。サービスをフル活用したいなら、やはり即日融資の利用がおすすめ。振込キャッシングで即日融資を受ける場合は、平日の14時10分までに契約および振込の申込みを済ませてください。

レイクALSA

レイクALSAは、ここまでにご紹介した消費者金融と同様に無利息サービスを行っています。レイクALSAの無利息サービス期間は、アコムやアイフルと同じく契約した日の翌日から30日間となっています(レイクALSAは契約額が200万円超の場合30日間無利息)。

レイクALSAの無利息キャンペーンの詳細と注意事項

【無利息期間について】
  • ご契約額1万~200万円まで60日間無利息
  • ご契約額が200万円超の場合30日間無利息
  • お借入れ額5万円まで180日間無利息(ご契約額200万円までの方)
【無利息サービスに関する注意事項】
  • 新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。
  • 期間限定2019年 2月15日(金)から5月15日(水)ご契約完了のお客さまが対象
  • 30日間無利息、180日間無利息との併用不可

60日間の無利息サービスのほかに180日間の無利息期間を設けていることも、レイクALSAの魅力です。ただしこちらの特典で無利息になるのは、借入額のうち5万円まで。5万円を超える分については、通常通りの金利が適用されます。

また、30日間無利息サービスと180日間の無利息は、同時に利用できないのでご注意ください。続いて、レイクALSAがもつ上記以外のメリットを見てみましょう。

自動契約機で契約可能

レイクALSAは自動契約機での契約を可能としています。レイクALSAの自動契約機は設置台数が多いので、ご自宅の近所でも見つかるかもしれません。一方、レイクALSAは、下記のデメリットももっています。

金利年4.5%~年18%とカードローンとしては高めの金利

レイクALSAの金利は、他の消費者金融と同レベルの高さになっています。カードローンに金利の低さを求める人にとっては、この点はデメリットですね。では、レイクALSAのおすすめ申込方法を見てみましょう。

  1. パソコンやスマホでレイクALSAのウェブサイトにアクセス
  2. 申込みフォームで必要事項を入力
  3. 審査回答を受ける
  4. メールもしくは専用アプリで必要書類の画像を送信
  5. いち早く借入したい場合は振込融資を依頼する
  6. 後日ローンカードを郵送で受け取る

上記のとおり、レイクALSAのおすすめ申込方法は他の消費者金融とほぼ同じです。

人気カードローンランキング
© 2014 - 2022 Agoora.inc.

TOP