お金を借りたいけど審査に通らない!そのまま再申込や複数カードローンに申込は絶対NG

落ち込んでいるビジネスマン

お金を借りたいからカードローンに申し込んだものの、全く審査に通らないような人もいます。そのような人は、審査には通らないけど、どうしてもお金を借りたいという場面が多々あるでしょう。

一度審査落ちしてしまったら、そのまま再度申し込んでもお金を借りられる確率は低いです。まずは、審査通過するためにはどうすればいいか、どうして審査に通らないのか、その理由を知りましょう。

本記事では、お金を借りたいけど審査に通らない理由、カードローン審査に落ちた後の再申し込みにおける注意点などについて解説します。

お金を借りたいけど審査に通らない理由とは?

カードローンに申し込むと、誰でも審査を受けます。そして、人によっては審査不合格となり、審査に通らない人もいます。審査落ちの理由は教えてはもらえませんが、ある程度の理由は予想可能です。

まず、カードローンの審査に落ちてしまった人は、審査に通らなかった理由を考えてみましょう。カードローン審査に落とされる主な理由のうち、どの項目が自分の状況に当てはまっているのか確認していましょう。

  • 安定した収入がない
  • 高額な限度額を希望している
  • 他社カードローンからの借入件数が多い
  • 総量規制の上限まで借りている
  • 信用情報に傷がある
  • 申し込みブラックになっている
  • 信用情報がスーパーホワイトである

安定した収入がない

お金を借りる場合、毎月返済できるだけの収入がなくてはなりません。カードローン会社としては、安定した収入を得ているかという点は、審査で重視する項目です。安定した収入とは、毎月一定額の収入を得ているということです。

無職や短期バイトで毎月の収入が一定でないような人は、安定した収入がないとみなされます。また、いくら月収が高くても、転職して3ヶ月程度しか経っていない場合、安定した収入とは見なされません。

つまり、勤めている会社に長く在籍し、毎月収入を得ていることが求められます。無職の人や日雇いの人であれば、どこかの会社に就職した上で、毎月一定の収入を得るようにしてください。正社員でなくても、アルバイトや派遣社員でも安定した収入と見なされます。

高額な限度額を希望している

高額な限度額を希望している

カードローンへの申し込み時には希望限度額の入力欄がありますが、あまりにも高い限度額を希望している場合も注意が必要です。

消費者金融では、総量規制の影響から年収の3分の1までの借入額、銀行カードローンも貸し付け額を自粛している傾向があるため、消費者金融と同じように年収の3分の1程度が限度額となります。

年収の3分の1を超えるような限度額を希望する場合は、カードローン審査に落とされてしまう可能性もあります。ただし、申し込み者のステータスに問題がない場合は、限度額を少し下げて審査に通過させる傾向があります。

カードローンの限度額は50万円程度を希望しよう

カードローンの初回契約時に大きな限度額をもらえる可能性はあまり高くなく、一般的には30万円~50万円程度の限度額となります。

初回契約時にはあまり高額な限度額を希望しないというのも、カードローンの審査に通るためのコツと言えるでしょう。

他社カードローンからの借入件数が多い

他社でいくら借りているのか、という点もカードローン会社は重視しています。いくら会社で働き収入を得ていても、借入件数や借入総額が多すぎる場合、融資しても返済できないだろうとみなされ、審査通過できません。

他社カードローンからキャッシングしており、消費者金融のカードローンに落とされた場合は、借入総額が総量規制のギリギリいっぱいの金額となっている可能性も考えらます。

これは、年収に対しての借入額が多すぎる場合や、複数社から同時に借入していると審査落ちになりやすいです。

一般的に4社以上から借入のある人を多重債務者と呼びますが、すでに3社からお金を借りていると新しいカードローンでの借入は難しいと考えた方が良いでしょう。

総量規制の上限まで借りている

貸金業法には総量規制という法律があり、利用者に対し年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないという決まりです。

総量規制は金融業者1社で考えるのではなく、融資希望者の借入先全部を含めて総合的に考えます。

例えば、年収が300万円の方は100万円までしか借りられません。そのような年収の方が、すでにA社とB社から50万円ずつ借りていれば、新規での借入は難しいです。

年収が多いと借りられる金額は増えますが、それでも総量規制の範囲でしか借りられません。ちなみに、総量規制は消費者金融に適用される法律です。銀行のカードローンもありますが、銀行には総量規制は適用されません。

近年では、銀行のカードローンでお金を借りる場合でも、年収に対して高額な融資はしないようになっています。そのため、年収の3分の1程度までの金額が借りられる範囲となるでしょう。

信用情報に傷がある

クレジットヒストリーやクレヒスと呼ばれている信用情報に傷がある人も、多くの場合はカードローン審査に落とされてしまいます。

この信用情報には、カードローンやクレジットカードなどの金融商品の利用履歴が残されています。もし支払いや返済に遅れてしまった場合、信用情報に未納や滞納などのネガティブな履歴(信用情報の傷)がついてしまい、カードローン審査に落とされる恐れがあります。

カードローン会社が審査時に信用情報を見て、申込者の過去の借入状況や返済状況を確認し、審査合否の判断の1つとしています。

過去にどこかからお金を借りており、返済遅延や延滞をしていた場合、信用情報に傷が付いているので審査通過は難しいでしょう。

信用情報は加盟店内で共有されている

信用情報ですが、国内に3つの大きな信用情報機関が存在しており、これらの信用情報機関同士で情報が共有されています。

また、それぞれの信用情報機関の加盟店も履歴データを参照できるため、どこの金融商品でトラブルを起こしても分かるようになっています。

国内の3つの信用情報機関
信用情報機関名 特徴や内容
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 銀行系の利用履歴が残されている
株式会社シー・アイ・シー(CIC) クレジットカードや信販系の履歴が残されている
株式会社日本信用情報機構(JICC) 消費者金融のローンなどの利用履歴が残されている

支払い履歴は信用情報に2年間残る

支払い履歴は信用情報に2年間残る

銀行、消費者金融、クレジットカードなど、金融業者ごとに残される信用情報機関が異なります。また、支払い時の履歴は2年間残されるため、直近2年間で大きな事故をした場合はカードローン審査に不利となります。

ただし、支払いや返済忘れは誰でも1度はしてしまうでしょう。1回程度の返済遅れの場合は、単なる返済忘れと判断される傾向があるため、カードローン審査に大きな影響は与えません。

複数回以上の返済遅れがあった人は、信用情報の履歴によってカードローン審査に落とされていると考えられます。

申し込み履歴は6ヶ月間残される

信用情報に申し込み履歴は6ヶ月間残されますが、審査通過の可否は記録されません。しかし、申し込み情報の履歴から「審査に落ちたかどうか」すぐにバレてしまいます。

とても簡単な判断方法ですが、信用情報には申し込み履歴が残されます。申し込み履歴があった後、利用履歴がなければ「審査に落ちた」と分かるためです。

申し込み履歴は6ヶ月間残されるため、一度審査に落ちた場合は6ヶ月後に再申し込みするようにしましょう。

申し込みブラックになっている

一度に複数社のカードローンに申し込むと、申し込みブラックと呼ばれる状態となり、審査通過できないことが多いです。

カードローン会社の意向として、一度に複数社に申し込んむような人は、相当お金に困っているのだと考えます。

自転車操業でお金をかき集めているのではないのか、金策に走っているのではないかと見なされるのです。そのために、お金を貸しても返済は無理だろうと判断され、審査不合格とします。

申し込みブラックになるのは1度に何社以上申し込んだ人の場合です、というようなカードローン会社からの発表はありません。しかし、3社以上だと危ないと言われているので、申し込みブラックを避けるなら1度に申し込むのは2社までにした方が良いでしょう。

申し込みブラックとなると信用情報に記録されるので、一定期間はどこからも借入ができなくなります。

信用情報がスーパーホワイトである

信用情報に何も履歴が無い場合は、スーパーホワイトとして判断されてしまいます。

成人以上の年齢であれば、ほとんど誰でもクレジットカード程度は使ったことはあるでしょう。そのため、信用情報に何も履歴が無い場合、「怪しい」と見られてしまうのです。

スーパーホワイトが怪しまれる理由

実は自己破産などの債務整理を行なった後は、クレジットカードやカードローンなどが一切利用できなくなります。

また、債務整理の履歴は5年~10年間残され、債務整理の履歴が消えた後は必ず「真っ白な信用情報=スーパーホワイト」になってしまうのです。

そのような事情があり、スーパーホワイトが怪しまれる理由となっています。

20代のスーパーホワイトはネガティブな信用情報にはならない

クレジットカードやローンを利用したことがない20代の人であれば、ネガティブな信用情報にはなりません。

30代~の人でスーパーホワイトの人は、「過去に大きなトラブルを起こしている可能性が高い」と判断されるため、審査に落とされる場合があります。

カードローン審査落ち後、すぐ再申し込みは絶対NG!

カードローン利用の申し込みを行い、審査に通らなかったとしても、すぐに違うカードローンに申し込むのは無謀です。

審査落ちするのは何か理由がありますが、その理由を改善しない限り、どこのカードローンに申し込んでも審査に通らない可能性が高いです。

まずは、信用情報などを見て自分の収入改善や借金整理を行い、審査に通過しやすくしてください。新しいカードローンに申し込むのは、それからです。

もちろん、カードローンへの再申し込みも可能です。ただし、申し込み履歴が消える「6ヶ月以上経ってから再申し込み」した方が良いでしょう。

再申し込み時には申し込み先を変更する

基本的に再申し込みを行う際は、落とされたカードローンとは別のカードローンへ申し込むようにしましょう。

例えば、A社のカードローン審査に落ちた場合、A社が保有している顧客の履歴には半年以上、申し込み履歴や審査落ちした履歴が残されている可能性が高いでしょう。

このため、カードローンへの再申し込み時には、別のカードローンを選択する方が審査通過も高まります

審査落ちしたカードローンに再度申し込みは可能

例えば、A社のカードローンに申し込んで審査落ちしても、再度A社への利用申し込みは可能です。一度審査に落ちたので、それ以降は申し込みを受け付けないということはありません。

しかし、一度落とされた履歴が残されているため、あまり良い目で見られない点には注意しておきましょう。

ただし、ステータスなどが改善されていれば、一度落とされたカードローンでも審査通過を見込めるため、利用したいカードローンにこだわりがある人は再申し込みを検討してましょう。

銀行カードローンの場合は保証会社に注目しておく

銀行カードローンの場合は、保証会社にも注意しておきましょう。カードローンの保証会社とは、利用者がカードローンの返済できなくなった場合の返済保証業務のほか、カードローン自体の審査も行なってます。

また、銀行カードローンの保証会社は大手消費者金融が務めている場合も多いため、申し込みする前に注意が必要です。

ここで注意しておきたいポイントとして、他社のカードローンでも保証会社が同じだった場合、カードローンに落ちた履歴は保証会社によって6ヶ月間以上保管されているという点です。

一度審査に落とされた銀行カードローンの保証会社をチェックし、次回申し込みには別の保証会社が務めるカードローンへ申し込むようにしましょう。

ブラックでなければ消費者金融系カードローンが最善手

信用情報を確認して返済状況に異動と記載がなければ、消費者金融系のカードローン利用がおすすめです。

カードローンは、大きく分けて銀行系と消費者金融系の2つあります。かつて銀行系カードローンは、貸出残高をどんどん増やしたことによって多重債務者を続出させました。

やがて、審査基準を見直すべきだという声が高まったために銀行は審査を厳格化しました。これによって、十分に収入があり借金が少ないような返済能力の高い人に融資をする傾向になっています。

そのため、ブラックではないがカードローンの審査に落ちたような人は、次に申し込むのは消費者金融系の方が良いです。銀行も消費者金融もどちらが審査は甘いということはなく、一定の審査基準を設けています。

しかし、消費者金融系カードローンは金利が高く利益を出しやすい、即日融資をして積極的にお金を貸す姿勢である、などの理由から融資を受けやすい傾向にあります。

お金を借りたいけど審査に通らない場合、再申込前に確認すべきこと

審査に落ちたけどどうしてもお金を借りたい、そのような人は自身が審査に通らない原因は何か予想し、信用情報などを整えることが必要です。

以下では、一度落ちたカードローンへ再申し込みする前に確認しておきたいポイントについて紹介します。

  • 審査に落ちてから6ヶ月以上経っているか
  • 安定した収入を得られているか
  • 他社カードローンの整理を行ったか
  • スーパーホワイトではないか
  • 申し込み時の虚偽申請や誤字脱字に注意

審査に落ちてから6ヶ月以上経っているか

審査に通らなかったカードローンへの再申し込みを行うためには、カードローンに落ちてから6ヶ月以上経っているか確認しておきましょう。

おおよそ6ヶ月経てば申し込み履歴が消えるため、カードローン申し込み過多にならず、審査で不利になりません。また、同じカードローン業者への再申し込みの場合は、6ヶ月以上申し込み履歴が残されるため、注意しておきましょう。

安定した収入を得られているか

審査で特に重要とされるポイントは、安定した収入があるのか、信用情報に傷がないのかという2点です。融資を受けて借金を返済できるだけの収入がないと、お金を借りるのは難しいです。

収入が少ないと借りられるお金も少なくなりますが、得られる収入の大小に関わらず、毎月給料を得ていれば安定した収入扱いになります。

他社カードローンの整理を行ったか

もし、すでに他社で年収の3分の1近く借りている、複数金融業者から借入があるような人は、カードローンの審査に落ちやすいです。

複数社からお金を借りており、年収の3分の1近くの借入額がある場合、審査に通らない理由をなくすためにどこか1社でも完済して借入額を減らしましょう。

現在1社から年収の3分の1近くお金を借りているようなら、どうにかして借入額のいくらかを返済し、借入限度額を下げてください。

カードローンでは増額も可能ですが、実は債務者の申請による限度額を下げることも可能です。限度額を下げたいときは、利用しているカードローン会社に申し入れるだけです。

カードローンの増額申請と違い、普通は審査なしで借入の限度額を下げられるでしょう。

スーパーホワイトではないか

スーパーホワイトではないか

30代以降で信用情報がスーパーホワイトなため、カードローン審査に落とされたと思う人は、信用情報に履歴が残るような金融商品の利用はあるか確認しましょう。

実は信用情報に履歴が残るのは、クレジットカードやカードローンなどのローン商品の履歴だけではなく、携帯電話の分割払いの履歴も残されます。

このため、信用情報がスーパーホワイトでクレジットカード審査も通過できなかったという人は、携帯電話の分割払いで信用情報を積み上げておくのもおすすめです。

申し込み時の虚偽申請や誤字脱字に注意

審査を有利にしようと、申込時に年収や勤務先、他社借入状況について嘘の申告をする人がいます。

年収は収入証明書、勤務先は在籍確認、他社借入状況は信用情報によってカードローン会社に知られます。疑わしい場合は一度確認され、あまりにも悪質な嘘だと審査で落とされます。

申し込み時の誤字脱字なども審査落ちに繋がります。例えば、勤務先の電話番号を間違えて記入していまい、在籍確認の電話が繋がらず、審査落ちになるケースがあります。

カードローンの申し込みでは嘘をつかず、申込書への記入が終わったら誤字脱字がないか一度確認するようにしましょう。

審査に通らないのは信用情報に多くの原因がある

審査に落ち続けるようなら信用情報をチェックしよう

改善しても審査に落ちることが多いようなら、信用情報を確認してみましょう。

ローンやクレジットカードによる借入返済などの取引状況、返済遅延や延滞、債務整理の情報が載っており、個人でも信用情報の内容を見られます。信用情報確認することで、ブラックかどうかわかります。

信用情報は、CIC、JICC、KSCの3つの機関で管理されています。自分で情報の内容を見たいとなれば、3つのそれぞれの機関に足を出向いて確認するか、郵送で書類を取り寄せて確認するかのどちらかです。

KSCは一部の銀行しか加盟していないので、信用情報を見るならCICとJICCの2カ所で確認すれば十分でしょう。

ブラックの場合、大手カードローン会社の審査通過は難しい

ブラックとなっている場合、カードローン利用はできないです。ブラックとなる条件としては、長期の返済延滞、債務整理をした人などです。

信用情報を見て、返済状況に「異動」という表記があれば、それはいわゆるブラックという状況を示します。

  • 約定返済日61日以上または3カ月以上の支払いの延滞
  • 原契約が期限の利益を喪失した場合の保証契約の履行(保険会社による代位弁済)
  • 裁判所の破産の宣告

このいずれかに当てはまると、異動と表記されます。

債務整理や代位弁済をした

主に異動と表記されるのは債務整理をした時などであり、裁判所の破産の宣告を受けた人にあたります。債務整理には、自己破産、任意整理、個人再生があります。

項目名 信用情報保持期間
自己破産 10年
任意整理 5年
個人再生 5年

債務整理してからは、上記の年数の間はカードローンでお金は借りられません。この年数は、任意整理のスタート開始時、個人再生を認められた時、自己破産の免責を受けてからの期間であり、債務整理の手続きを開始してからの期間ではありません。

長期の延滞をした

61日あるいは3ヶ月以上の延滞をした時、異動と信用情報に記載されます。この場合、5年間異動として記録が残るので、5年間はカードローンでお金は借りられません。

また、5年間の記録保管期間にさらに3ヶ月以上の滞納をした場合、記録保管期間は延びてカードローンなどを利用できない年月も延びます。ちなみに、3ヶ月以内の短い期間の延滞でも、過去24ヶ月の間に3回繰り返すと異動となります。

1回の返済延滞でも、カードローンの審査に影響を与える

信用情報には、ローンやカードの利用状況が記録されるので、1回返済延滞しても記録として記載されます。

ブラックにはならないため、カードローンでお金を借りられなくなることはないですが、新規で借りる場合は審査を不利にします。

  • 携帯電話やスマートフォンの分割払い
  • 奨学金
  • クレジットカード
  • カードローンやオートローンなどの全てのローン

これらでの返済延滞は、信用情報に記録として残ります。スマートフォンの分割払いなど、身近なところでも延滞すれば信用情報に記録されるので気をつけてください。

まとめ

お金を借りたいのに審査に通らないなら信用情報をまず確認しよう

お金を借りたいけど審査に通らない方は、自身のカードローン審査落ちの原因を考えることが重要です。カードローン会社は審査基準を公表しませんが、審査落ちの原因についてはある程度予想することが可能です。

自分自身の信用情報を確認する、借入状況を確認するなどして状況を把握します。クレジットヒストリーなどから原因を予想したら、審査に通らない理由自体の改善を行いましょう。信用情報に傷がある場合、一定期間はお金を借りられませんが、それ以外の原因なら対応自体は可能です。

お金を借りたいのに審査に通らない!と嘆かず、自身の状況を改善してからカードローンに申し込んでみてください。

どうしても金を借りたい
消費者金融カードローンがおすすめ

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「アコム」をチェック
  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
人気カードローンランキング
© 2014 - 2022 Agoora.inc.

TOP