65歳以上でも借りられるカードローンを紹介!知るべき申込みの注意点も解説

シニア世代

カードローンの多くは申し込み条件として「65歳まで」に貸付が限定されています。これは、65歳を過ぎると「年金以外の収入」が得られないからです。

しかし、最近では高齢化が進み、定年を過ぎても働き続けるシニア世代が増えてきています。そのため、新しい時代に合ったシニア向けのカードローンなども次々と誕生しています。

本記事では、65歳以上でも借入可能なカードローンをはじめ、シニア向けローンの種類と特徴などについて解説します。

65歳以上のシニアでも借りられるカードローンとは?

定年退職カードローンの多くには、65歳までの年齢制限が設けられています。しかし、一部のカードローン会社では「69歳まで借りられる」よう、年齢制限を緩和させています。これは、定年を過ぎても「働き続ける世代」が増えたのと同時に、年金の受給額が少なくなったことが主な原因となっています。

大手銀行カードローンでも年齢制限が緩和され始めている

大手銀行のカードローンは「完済時の年齢が75歳まで」と、長期間使えるよう年齢制限を緩和させています。

高齢になると「急に体調を崩したり、返済できない可能性は無いのか?」と心配する方も多いですが、ローンの中には「万が一の場合に備えて、健康保険を付帯させる」など、支払えない場合のリスクを無くし、安心して利用できる融資商品が増えてきました。

一般的にカードローンが利用できる年齢

消費者金融ローンの場合は「65歳まで」が主流で、長くても「69歳まで」というローンが一般的です。信販会社のローンは、ほとんどが65歳までで、70歳を超えて利用できるローンは、ほとんどありません。

これに対し、銀行のカードローン(フリーキャッシング)は、長ければ「76歳になるまで」利用できるローンがあり、定年後も「安心して申し込める」融資商品が見つかります。

69歳以下まで借りられるおすすめカードローン3選!

  1. アイフル
  2. SMBCモビット
  3. プロミス

アイフル

SMBCモビット

プロミス

65歳以上のシニア向けローンの種類

シニア向けローンには、以下のような種類があります。消費者金融カードローンのほか、低金利で人気の銀行カードローンも利用できます。

また、シニア世代のお小遣い不足をカバーできるよう、少額融資を専門にする業者(例:プランネルなど)も存在します。

消費者金融カードローン

年齢制限

65歳(最長69歳まで)

主な特徴

一般のフリーキャッシングと同じ。原則、保証人や担保無しで借りられる。

銀行カードローン

年齢制限

70歳以上でも利用可能

主な特徴

低金利で、返済負担が少ない。不動産担保貸付の場合は、高額融資も可能。

シニア向け融資専門業者

年齢制限

最高79歳まで利用可能

主な特徴

少額を低い利息で融資する、シニア専門のローン会社。一部は、来店不要なネット申込にも対応している。

行政による公的な貸付

年齢制限

国民年金、厚生年金を受給している方なら誰でも申し込める。

主な特徴

行政からの高齢者向け融資。利息が低く、年金を担保に融資をしてくれるが、連帯保証人が必要。

最もリスクが少ない

銀行や消費者金融など、金融会社で融資が受けられない方を対象に実施されている行政の公的な貸付のため、金融業者から借入するよりも安全です。

貸し付け条件は、国民年金、厚生年金を受給している方なら「誰でも申し込める」ので、急な資金不足や生活が困窮している方でも、安心して低金利の融資が受けられるようになりました。

ただ、不景気などの理由で利用者が年々急増しており、行政による財源の確保には大きな不安が残っています。

65歳以上のシニアの間で利用者が多い融資

多くは年金担保型ローンで融資を受けている

財布シニアの返済負担を増やさないよう、低い利息で融資するローンが増えています。また、シニアの中には公的金融機関から「年金担保型ローン」を利用する層も多く、実質年率2.0%の低い利息で必要な融資を受けています。

このほか、住んでいる土地・建物を担保にした資産運用型ローンや、年金の範囲内で返せるよう低額を低い利息で貸し付ける、シニア向け少額融資を受ける利用者も多いです。

65歳以上のシニア向けカードローンの申込み方法

スマホシニアに対応しているカードローンも、一般のカードローンと同じように、店頭(本店・支店など)や、電話、FAX、郵送、パソコンやスマートフォン(ネット申込)から手続きが行えます。

また最近は(シニア世代でも)パソコンやスマートフォンを使いこなす層が多く、ネット申込で、即日融資を受ける方が増えてきました。

以下の記事を参考に、WEBから申し込んでみましょう。

65歳以上のシニア向けカードローンの注意点

とにかく借りすぎないようにする

会話シニア向けローンの利用で気をつけたいのは、借りすぎないことです。年齢を重ねると、その分働ける時間やエネルギーが少なくなります。一歩間違うと、年金以外に返済金を準備することも(年齢に比例して)難しくなるでしょう。

シニア向けローンの種類は増えていますが、収入に見合わない融資は、生活を破綻させます。最近では「老年破綻」などの事例も多く上がっているので、生活が困窮しないよう借入は計画的に進めてください。

家族に相談してトラブルを防ぐ

カードローンを利用する場合は、できるだけ家族や周りの人に相談してから、申し込むようにしましょう。

「家族に言うのが嫌」という方も、配偶者がいる場合はできるだけ家族間で協力して、必要な融資を受けるようにしてください。

トラブルに巻き込まれないためには、家族に相談すると同時に大手銀行や銀行系消費者金融、信販会社、行政による貸付を利用すれば、騙されることもなく安心です。

ローン会社に何でも相談し疑問を解決しよう!

融資で分からないことがあれば、各ローン会社のフリーダイヤルに電話を掛けてみましょう。各ローン会社のオペレーターは、いつでも親身になって相談に応じてくれます。

カード会社の相談窓口(電話)に問い合わせる

借入に関する質問のほか、借入の金利、返済シミュレーションも一緒に考えてくれるので安心です。カードローンを利用するのが初めての方は、大手銀行や消費者金融を利用しましょう。

大手になれば、接客も丁寧でサービスの内容も充実しています。シニア向けカードローンも増えてきているので、分からないことは何でもカードローン会社に相談してみてください。

悪質な手口に騙されないよう注意しよう!

最近では、シニア世代をターゲットにした悪質な融資詐欺が増加しています。

例えば、高齢者にカードローンを契約させて、手数料と称した費用をだまし取る詐欺グループがいるほか、個人間融資と称して違法な貸付を行う業者(高利貸し)が逮捕されるなど、犯罪の手口は「より複雑化」しています。

また、おかしいなと思ったら、家族や最寄りの市役所・区役所、村役場の窓口にすぐに相談してください。どの自治体にも必ず、無料で「融資に関するトラブル」を解決してくれる相談窓口が設けられています。

まとめ

65歳以上でも借りられるカードローンは増えつつある

今回は、シニア向けカードローンをはじめとするローンについて解説してきました。ここ数十年で、国民全体における高齢者の割合は増え続けています。そのため、シニアや高齢者が利用できる金融商品もバラエティに富むようになりました。

低金利な銀行カードローンなど、ライフスタイルにあった金融商品を見つけ、老後の生活をより楽しく豊かなものになるよう上手に活用してください。

65歳以上でも借りる
可能性が高いのは消費者金融

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「アコム」をチェック
  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
人気カードローンランキング
© 2014 - 2022 Agoora.inc.

TOP