信用組合のカードローンがしんきんカードローン!審査から銀行との違いまで徹底解説!

24view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

お金を運ぶミニチュア男性

信用組合とは?どんな組織?信用金庫とは違うの?

皆さんは信用組合という金融機関をご存知ですか?銀行、あるいは信用金庫などと比べると知名度は高くないですが、これらの金融機関とはまた別の理念のもとに経営されており、うまく使い分けることによって得をすることができます。

信用組合は地域の中小企業や個人がお金を出して作る金融機関!

計算機を差し出す女性行員信用組合とは、地域の中小企業や個人のための金融機関です。組合員になると様々なメリットを享受できます。

組合員になるためには、信用組合が定めた条件をクリアする必要があります。組合員になる資格があるのは中小企業の事業者、及び個人です。

また、信用組合の組合員になるためには出資金を収める必要があります。出資金を出すと、組合の業績に応じて年1回の配当が受け取れます(利益によって配当金は増減し、場合によっては受け取れないこともあります)。出資金は譲渡、減額、脱退により受け取ることができます。

銀行も信用金庫も信用組合も業務内容自体は殆ど同じ

お金を差し出す行員の女性まずはじめに知っておいてほしいことがあります。それは「銀行も信用金庫も信用機関も、取り扱っている業務の内容自体はほとんど同じである」ということです。

銀行も信用金庫も信用組合も、「預金」と「個人や企業に対する融資」をメインの事業としています。役割がかぶっている金融機関が複数種類ある必要はあるのか、と思われるかもしれませんが、3者の経営理念は大きく異なります。

まず銀行は「国民経済の健全な発展に資する」ことを目的に運営されています。銀行は通常営利法人(株式会社)の形態を取ります。株式会社の目的は株主に対して利益を与えることですので、銀行の経営者は株主の利益を増やすようにあれこれと工夫をします。その結果、主な融資先は大企業に固まりがちです。

一方、信用金庫は「国民大衆のために金融の円滑を図り、その貯蓄の増強に資する」ことを目的に運営されています。信用金庫は通常、会員の出資による非営利法人の形態を取ります。会員になれるのは地域内で事業を営む企業や住所を有する個人などです。銀行ではお金が借りられない中小企業や個人も相手にすることが多いのが特徴です。

信用組合は「組合員の相互扶助を目的とし、組合員の経済的地位の向上を図る」ことを目的に運営されています。信用組合は通常組合員の出資による非営利法人の形態を取ります。会員になれるのは地域内で事業を営む企業や住所を有する個人などです。信用金庫と同じく、銀行ではお金が借りられない中小企業や個人も相手にすることが多いのが特徴です。

信用組合のカードローンは銀行カードローンとどう違う?

信用組合も銀行も手堅いカードローンを展開!審査もしっかりしています

信用組合も信用金庫と同様に、カードローンを提供しています。信用組合のカードローンの仕組みは、銀行カードローンのそれと殆ど変わりありません。そして、信用組合のカードローンの多くは「しんきんカードローン」という地域を越えた共通の枠組みをしています。

例えば以下の表は横浜信用組合と横浜銀行のカードローンを比較した表になりますが、スペックは大きく変わらないことがわかるかと思います。すでに銀行カードローンを利用したことがある方なら、それと同じ感覚で借りることができます。

横浜信用組合カードローンと横浜銀行カードローンを比較
審査 使いみち 金利 融資金額
横浜信用組合カードローン(しんきんカードローン) あり 自由(事業性資金は除く) 14.50% 30万円~200万円
横浜銀行カードローン あり 自由(事業性資金は除く) 1.9~14.6% 10万円~1000万円

信用組合でカードローンを利用するメリットは?

世の中には銀行カードローンという便利な金融商品があるのに、わざわざ信用組合のカードローンを利用する必要があるのか、と思われるかもしれませんが、信用組合のカードローン「しんきんカードローン」には銀行カードローンにはない様々なメリットがあります。

信用組合のカードローンは個人でも借りやすい

笑顔で電話する男性銀行カードローンの審査通過率は一般的に20~30%程度と考えられています。大雑把に計算すれば、4人に3人は審査に落ちているわけです。銀行の主な顧客は比較的大きな企業ですので、個人を相手に商売をしなくても十分利益は挙げられるのです。

一方、信用組合はもっと借りやすいと考えられます。前述の通り信用組合は中小企業や個人を主な融資相手としているため、銀行では借りられないような人にも比較的積極的に貸し出しを行います(もちろん信用組合も貸し倒れはなるべく避けたいと考えていますので、返済能力が全くなさそうな人に対しては貸し出しを行いません)。

信用組合のカードローンは融資限度額が低いため借り過ぎを防ぎやすい

信用組合カードローンの融資限度額はそれぞれ異なりますが、200万円~300万円程度を上限としているところが多いです。融資限度額が500万円、800万円、あるいは1000万円を超えることもある銀行や消費者金融と比べると、割と押さえられた数字になっていると言えるでしょう。

融資限度額が低いのは利用者にとってあまり嬉しくないことのように思われるかもしれませんが、融資限度額が低ければその分仮杉を防ぎやすくなります。銀行のカードローンだとついつい借りすぎてしまう……という方は、信用組合のカードローンに切り替えたほうがいいかもしれません。

信用組合のカードローンの中には金利が低いものもある

信用組合のカードローンの金利はまちまちですが、中には上限金利が10%を下回っているものもあります。例えば飯田信用金庫の上限金利は9.8%ですし、朝日新聞信用組合の上限金利は4.75%です。金利が低いところで借りれば、それだけ返済は楽になります。

補足:信用組合カードローンにはデメリットもある

このように豊富なメリットを持つ信用組合カードローンですが、一般的な銀行系カードローンと異なり即日融資には対応していません。

そのため、今すぐお金が必要な方はプロミスなどの安心の大手銀行系カードローンを利用することをオススメします。

信用組合のカードローンの審査基準は?

カードローンの審査をするイメージ
信用組合のカードローンは誰でも借りられるというわけではありません。当然ながら審査というものがあり、審査に通過して初めてカードローンが使えるようになります。

信用組合のカードローンの審査基準は、銀行カードローンのそれと殆ど変わりありません。具体的には、以下のようなポイントが審査の対象となります。

年収

信用組合カードローンの審査の中でも特に高い比重を占めているのが年収です。年収については金額の多寡だけでなく、安定性もチェックされます。たとえ年収が高くても、年ごとの金額にばらつきがある(安定性が低い)と評価は低くなりがちです。逆に金額自体は平凡でも、年ごとの金額にばらつきがない(安定性が高い)、もしくは年々年収がアップしていれば高い評価が受けられます。

職業と勤務先

職業及び勤務先は年収と同じく大きなウェイトを締めている審査項目です。勤務先は基本的に倒産するリスクが少ない、安定したところが好まれます。最も評価が高くなりやすいのは公務員(正規職員)です。よほどのことがない限り解雇されない公務員は収入が途絶えにくいため、最も高く評価されるのです。大企業の正社員も、それとほぼ同じ評価を得られます。

中小企業であっても、正社員ならばそれなりの評価を受けられることが多いです。逆に立場が不安定である契約社員や派遣社員、あるいは自営業者やパート・アルバイトなどは評価が低くなりがちです。

勤続年数

勤続年数とは、現在の職場に勤務している年数のことです。社会人生活30年目であっても、転職した直後の場合は勤続年数は1年未満となります。

勤続年数は基本的に長いほうが評価されます。勤続年数が長い人はそう簡単に仕事をやめないし、勤務先が簡単に倒産することもない(年収が途絶えることが無い)とみなされるためです。逆に勤続年数が短いと、評価は低くなります。現時点で転職を考えているという方は、転職をする前に、すなわち勤続年数がリセットされる前に申し込みを行うことをおすすめします。

保険証の種類

日本は国民皆保険制度を採用していますので、これをお読みの方も何らかの公的医療保険制度に介入しているはずですが、その保険証の種類によって評価が別れます。最も評価が高くなりやすいのは、会社員や公務員が加入する社会保険証です。一方、それと比べると自営業者が加入する国民健康保険証は評価が低くなりがちです。理由は簡単で、国民健康保険は無職の人も加入するからです。

なお、万が一現時点で保険証を持っていないという場合は、それだけでかなり評価が低くなってしまいます。そのような場合はカードローンの借り入れよりも先に公的保険に加入することを優先するべきでしょう。

年齢

意外と審査に大きな影響を与えるのが年齢です。年齢については、30代~50代前半あたりまでが高く評価されます。このあたりの年代は比較的年収が安定していて高く、なおかつ定年までに余裕があり年収が途絶えづらいと考えられるためです。

一方、20代はまだ社会人になりたてであり年収もあまり高くない上、仕事を辞めるリスクも比較的高いため評価は低くなりがちです。また、50代後半~60代は定年が近くなってきており、年収も下がりがちなためやはり評価は低くなります。年齢は自分ではどうすることもできませんが、現時点で若い人は少し待ったほうが、ある程度年齢が行っている人はすぐに申し込んだほうが合理的な判断となります。

住居形態

住居形態も審査に大きな影響を与えます。最も高く評価されるのは、本人名義による持ち家です。家を持っている人はそう簡単に夜逃げをしませんし、いざというときはその持ち家を売って返済に当てることができるためです。

家族所有の持ち家の場合、評価はそれなりとなります。賃貸の場合、評価はやや低くなります。

他社からの借り入れ

他社からの借り入れがあると一般的に審査での評価は低くなります。特に消費者金融からの借り入れがある場合は、評価は下がってしまいがちです。銀行からの借り入れはそれよりはマシですが、やはりないことには越したことはありません。

また、借入金額と借入件数も審査に影響します。特に重要なのが借入件数です。借入件数が4件以上の場合、評価はかなり下がってしまいます。逆に借入金額が多くても、借入件数が1件しかないという場合はそこまで心配する必要はありません。

現時点で4社以上から借り入れているという場合は、最も借入金額が少ない業者の文だけでも繰り上げ返済して完済するなどして、借入件数を減らすことをおすすめします。

信用組合のカードローンの審査に落ちてしまった場合はどうすればいい?

焦って申し込みし直すのは禁物!多重申し込みは長期ブラックリスト入りも!

審査に落ちて泣いてる女性信用組合のカードローンはとっても便利な金融商品ですが、当然ながら全員が借りられるものではありません。収入、勤務先、その他属性に何らかの問題があった場合は、当然審査落ちすることになります。では、もし審査に落ちてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

一番してはいけないのは、焦って他の金融機関に何度も申し込んでしまうことです。短期間に多数(概ね1~3ヶ月に3件以上)の金融機関に借り入れを申し込むと、「申し込みブラック」と呼ばれる状態になってしまうからです。申し込みブラック状態になると、ますます審査に通りにくくなってしまいます。

短期間に多数の申し込みをしたことは金融機関にはバレバレです

どうして短期間に多数の申し込みをしたことが金融機関にバレるの?と思われるかもしれませんが、あなたのこれまでの金融情報(申込みや借り入れ、返済などの情報)はすべて信用情報機関という期間に登録されています。日本には以下の3種類の信用情報機関がありますが、これらの機関が情報を保持し、必要に応じて金融機関に提供しているため、過去に申し込みをしたことがバレてしまうのです。

信用情報機関に登録された申し込みの情報は6ヶ月~1年で削除されます。現時点ですでに申し込みにブラックになっている場合は、少なくとも半年は待つ必要があるということです。

ブラックリスト入りかどうかは信用情報機関に問い合わせればわかります

なお、自分が申し込みブラック状態になっているかわからないという場合は、信用情報機関に開示請求すればわかります(開示請求ができるのは原則として本人のみです)。開示には500円~1000円程度の費用がかかります。

申し込みブラックになっていないことが明確な場合は、改めて消費者金融のカードローンに1件だけ申し込むといいかもしれません(銀行のカードローンの震災は基準が厳しいため、信用組合のカードローンに落ちた人では通らない可能性が非常に高いです)。1件だけならそれが現金で申し込みブラックになる可能性は低いです。

それでも審査に落ちてしまったという場合は、もう何もしないほうがいいでしょう。家計が非常に厳しいという場合は、カードローンではなく他の公的な制度(生活保護、生活福祉資金貸付制度など)を使うことをおすすめします。

信用組合のカードローン審査まとめ

信用組合のカードローンは銀行カードローンと似ている!しんきんカードローンもチェック!

最後に、今回の記事をおさらいしていきましょう。

  • 信用組合は信用金庫や銀行とは異なる理念のもとに経営されている
  • 信用組合は組合員の相互扶助のための金融機関
  • 信用組合もカードローンを取り扱っており、スペックは銀行のそれとほぼ変わらない
  • 信用組合カードローンにも審査があり、年収や勤務先等がチェックされる
  • 審査に落ちてしまった場合、他社への申込みを繰り返すと申し込みブラックになる可能性がある

信用組合のカードローンは上手に使えば非常に便利な金融商品です。銀行や消費者金融のカードローンと、うまく使い分けていきましょう。

おすすめ:銀行カードローン人気ランキング

【厳選】おすすめカードローンはどれ?

  • プロミス

    プロミスの口コミ評判!デメリットや即日融資、在籍確認についても解説 収入証明書は50万円以下なら原則不要

    WEBなら最短1時間融資も可能!初めてなら30日間無利息!

    審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
    限度額 1~500万円 実質年率 4.5%~17.8%
  • アイフル

    アイフル審査・評判は?即日融資でパートしている主婦なら借入OK 収入証明書は50万円以下なら原則不要

    審査時間は最短30分で即日融資!1秒診断で事前にチェック

    審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日
    限度額 800万円 実質年率 3.0%~18.0%
人気カードローンランキング
© 2014 - 2020 Agoora.inc.

TOP