配偶者貸付とは?専業主婦が夫に内緒でカードローンを利用する方法を解説

専業主婦のキャッシング

専業主婦の方がローンでお金を借りる場合、基本的に選べる選択肢は2つしかありません。それは、銀行カードローンと配偶者貸付を認めている金融業者だけです。

本記事では、配偶者貸付とはどのようなものなのか、配偶者貸付以外を利用して専業主婦が夫に内緒でお金を借りる方法などについて解説します。

旦那さんに内緒でお金を借りたい専業主婦の方は、ぜひ参考にしてください。

配偶者貸付とは?専業主婦のための制度

配偶者貸付とは、総量規制の例外として認められた融資です。配偶者貸付を利用すると、申込者本人に収入がない場合でも、配偶者と専業主婦の所得を合算し「年収の3分の1」まで融資が受けられます。

つまり、収入がなくても配偶者に安定した収入があれば、消費者金融から借入ができるというわけです。ただ、この配偶者貸付は申し込みのハードルが高い上、配偶者や家族に内緒で申し込みができないため、非常に使い勝手の悪いものとなっています。

なお、銀行カードローンは総量規制の対象外である上、専業主婦でも配偶者に内緒でお金を借りることが可能です。

配偶者貸付を利用するために必要な書類

申し込みにあたって必要な書類として以下のものがあり、手続き自体もとても面倒です。

  • 婚姻関係の証明書(住民票や戸籍謄本等)
  • 配偶者の同意書
  • 配偶者の年収を証明する書類
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)
  • 収入証明書(※借入枠による)

はてな配偶者貸付を利用するには、配偶者の年収を証明する書類や同意書、夫婦関係を示す書類(住民票や戸籍謄本等)を合わせて提出する必要があります。

夫婦が作成する書類(=同意書)は、専業主婦の方が返済できない場合に「代わりに支払いをするための同意書」であり、連帯保証人になるための書類ではありません。

配偶者貸付を実施しているのは、主に中小の金融業者となっており、大手消費者金融は基本的に配偶者貸付を認めていません。

配偶者貸付制度を利用する現実性と現状

消費者金融業者側は、申込書に合わせて配偶者貸付の書類を確認、審査することになり、手続きに大きな手間とコストがかかってしまいます。そうなると、会社・企業としての「うまみ」はとても薄くなってしまいます。

現状、この配偶者貸付制度に対応している消費者金融業者は大変少なく、ほとんど制度として機能していません。事実、誰でも会社名を知っているような大手消費者金融の中で、配偶者貸付に対応としている業者はありません。

そもそも、配偶者貸付は夫(妻)の同意が必須ですので、専業主婦のキャッシング申し込みとしては現実的なものではないかもしれません。お金の借り入れを検討する場合は、「配偶者貸付という制度もある」というくらいの認識で大丈夫でしょう。

専業主婦がキャッシングできる方法は2つだけ!

銀行カードローンと配偶者貸付を認めている金融商品のみ

専業主婦の方は、一部の銀行カードローンや配偶者貸付を認めている消費者金融カードローンなどの金融商品しか利用できません。

これは、2010年に施行された総量規制によって「個人に年収の3分の1以上の金額を貸し出してはいけない」と定められているからです。

総量規制とは

貸金業法は「貸金業に関する適切な運営と利用」を目的とした法律で、総量規制は2006年に改正された「貸金業法」の中に含まれる規定を指します。

貸金業法自体は、2006年12月に制定されましたが、貸金業法を含む全ての重要な規定は2010年6月18日に完全施行されました。

総量規制がスタートしたことで、消費者金融や信販会社等で「年収の3分の1」を超える融資が受けられなくなりました。

しかし、総量規制が始まる前までは「年収に見合わない」貸付が行われており、多くの主婦や学生、自営者、サラリーマンが多重債務に追い込まれていました。現在は、総量規制が導入されたことで、多重債務や借金苦に悩む方の割合は、年々減りつつあります。

収入がある主婦は消費者金融カードローンにも申込可能

ATMと女性パートやアルバイトなどで収入がある主婦であれば、銀行カードローンだけでなく、消費者金融の借入にも申し込むことができます。安定した収入があれば、借入先の選択肢が広がるだけでなく審査にも受かりやすいですし、場合によっては低い金利のカードローンに申し込むことができる可能性もあります。

ただ、本人名義で消費者金融のキャッシングやカードローンに申し込む場合、希望する借入枠によっては収入証明書の提出が必要になり、自分自身の信用度や返済能力を厳しく審査されることになります。

当然、収入に対して大きすぎる借入希望額は通らない上、申込書に虚偽記載や記入ミスがあれば審査に落ちてしまいます。申し込みの際には、正しい情報を金融機関に申告することを念頭において、丁寧・誠実な記入を心がけましょう。

また、家族に内緒で申し込みをする場合には、郵送物や電話連絡で発覚しないよう対策をとることも忘れないようにしましょう。郵送物は時間指定をして受け取る、電話連絡は携帯電話にしてもらうなど、細かなところにも気を抜かず、しっかりと対処してください。

専業主婦、総量規制前の「危険なキャッシング」の実態

ある調査会社が「総量規制導入前に調査したデータ」によると、専業主婦を取り巻く『危険なキャッシングの実態が明らか』になりました。

※今回は、調査会社「株式会社マーシュ」が2010年5月(総量規制施行前)に作成したデータを参考にしています。

頻度は少ないものの、高額利用者が存在した

総量規制が施行される前までは、専業主婦の方でも配偶者や家族の同意なしで、50万円や100万円といった高額融資が受けられました。

ただし「総量規制導入前に調査したデータ」を見ると、専業主婦がキャッシングを利用する頻度は非常に少なかった(キャッシングの利用が)ことが分かっています。

専業主婦がキャッシングを利用する頻度

調査結果をもとに「専業主婦がキャッシングを利用する頻度」をまとめてみました(参考:図1)。

主婦のキャッシングを見てみると「年1回以下の利用」という方が全体の34.7%、年に1回程度という方が9.3%、半年に1回という方が12.0%と、利用頻度の少ない方が、全体の過半数を超えています(=計56.0%)。

専業主婦がキャッシングを利用する頻度(図1)
頻度 利用者の割合
年に1回以下 34.7%
年に1回程度 9.3%
半年に1回程度 12.0%
2〜3カ月に1回程度 14.7%
1カ月に1回程度 24.7%
月に2回以上 4.7%

2010年5月17日~5月28日の調査結果

ただ、残りの方については(キャッシングの利用は)2〜3カ月に一回という方が14.7%、月に1回という方は24.7%、月に2回という方は4.7%と、約半数の方は「年に数回はキャッシングを使用している」結果となりました。

キャッシング1回あたりの平均金額

次に「1回当たりのキャッシング金額」について見てみましょう(参考:図2)

使用頻度の高い人を詳しく調査すると、一回あたりのキャッシング金額は、10,000円が35.3%、20,000円が16.7%、30,000円は12.0%、それ以上の40,000円〜150,000円を借りる方の割合は「全体の35.9%」に上がります。

専業主婦|キャッシング1回あたりの利用金額(図2)
頻度 利用者の割合
5,000円まで 0.0%
10,000円まで 35.3%
20,000円まで 16.7%
30,000円まで 12.0%
40,000円まで 0.7%
50,000円まで 13.3%
70,000円まで 0.0%
100,000円まで 13.3%
150,000円以上 8.6%

専業主婦のキャッシングは「利用金額が少ない」というイメージがありますが、全体の約4割の方は、一回あたりの「4万円以上の借り入れ」をしていることが分かりました。

年収の限度額を超えている方の割合

このほかにも、専業主婦の方に「キャッシングの借り入れ合計額は、年収の3分の1を超えているか」どうか調査したところ、約16.0%の方が「年収の3分の1以上キャッシングを利用している」と答えています。

ただし、以上のデータは総量規制前の結果となっています。現在は、総量規制によって「年収の3分の1を超える」融資は厳しく規制されています。

そのため、多重債務に関する相談者の数は年々減少傾向にあります。以下に、消費生活センターに寄せられた「多重債務に関する相談」件数の推移をまとめてみました。

多重債務者による「消費生活センター」相談の推移
相談件数(1カ月あたり)
平成22年
(総量規制施行)
7,118件
平成23年 6,038件
平成24年 3,877件
平成25年 3,260件
平成26年 2,947件
平成27年 2,522件

※各年で最も「相談件数」が多かった月の件数を記載しています

表中の数字は「各年で最も相談件数が多かった月」を基準にしています。また、今回の表には記載していませんが、主婦の多重債務者の数も年々減少しており、総量規制による「健全な貸付」が守られるようになりました。

配偶者貸付以外で専業主婦が夫に内緒でカードローンを利用するには?

専業主婦でもお金を借りられる「配偶者貸付」は、配偶者の同意や婚姻関係の証明書提出をはじめ、複数の書類提出や手続きが必要となる制度でした。

専業主婦の方で旦那さんに内緒でお金を借りたい場合、配偶者貸付を利用してお金を借りるということは非常にリスクが高く、現実的ではない方法になるでしょう。

そこでオススメできるのが、ネット銀行・地方銀行・大手銀行が提供する銀行カードローンです。銀行カードローンは、配偶者貸付ではありませんが総量規制の対象外となっており、専業主婦の方でも配偶者に内緒でお金を借りることが可能です。

配偶者貸付でネックポイントだった「配偶者の同意」を得る必要はないという点が、非常に魅力的となっています。

専業主婦には配偶者貸付より銀行カードローンがオススメの理由

総量規制の導入によって、健全な融資が行われるようになりました。

ただし、専業主婦の方は借り入れに注意する必要があります。なぜなら、自らに所得が無いため「所得に見合わない無理な融資」は身を滅ぼす結果となるからです。

安全かつ、健全に融資を受けるには、利息が低く「信頼度の高い」銀行カードローンを利用してください。また、配偶者貸付を利用すれば、家族の同意によって無理なく、健全な範囲でキャッシングが利用できます。

大切なお金の問題は一人で抱えるのではなく、家族と一緒に話し合うようにしてください。ただ、配偶者に内緒でローンを組みたいという方にも方法があります。それは、銀行の中で『本人に収入がない場合でも申し込める』ローンを選択することです。

例えば、三菱UFJ銀行のバンクイック、みずほ銀行カードローン、イオン銀行、東京スター銀行のカードローンなどは、専業主婦の方でも「原則、家族に内緒で」利用できます。

このほかにも、横浜銀行カードローン、静岡銀行、千葉銀行など各地の地方銀行でも専業主婦OKのカードローンを取り扱っています。

専業主婦でも借りられる銀行カードローンの限度額は?

専業主婦の場合、利用限度額は10万円以下に設定されることがほとんどです。

また、どんなに多くても30万円〜50万円の範囲を超えることは無いので、申込の際には注意してください。

銀行カードローンの審査基準・専業主婦の場合

専業主婦でも借りられる銀行のカードローンは、原則「身分証明書」だけで契約できます。しかし、審査の基準になるのは、家族や配偶者のクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、クレジットカードやカードローンなどの利用状況を記録したデータで、各金融機関が加入する信用情報機関によって管理されています。

信用情報機関は、各金融業者に対し「審査対象者のクレジットヒストリー」を提供します。ここでクレジットヒストリーに問題があれば、審査の可否に大きく影響し、審査が可決されなくなる仕組みです。

総量規制の仕組みと信用情報機関による情報共有は、健全な貸付を行うための「安全装置」として機能しています。

専業主婦がローン審査に通る確率は、配偶者次第…!?

カードローンの審査基準は、配偶者のクレジットヒストリーや借り入れ状況に左右されます。審査可決率に関しても、配偶者次第(=過去に金融事故を起こしていないかどうか等)で結果が大きく変わってきます。

実際に、専業主婦の方が申し込んだものの、一向に審査が通らないことから「配偶者の多重債務が発覚したケース」もありました。

夫や配偶者家族にカードローンがバレる可能性があるのはどんな時?

基本的に、専業主婦(主夫)が銀行カードローンの申し込みや借入を正しく行えば、配偶者や家族にそのことが伝わる可能性はほぼないと言えます。実際、夫や家族に内緒でカードローンをフル活用している専業主婦は少なくないですよね。

では、内緒の借入がバレてしまうのは、どんな時なのでしょうか?

  1. 郵送物が自宅に届いた場合
  2. 配偶者の勤務先に在籍確認された場合
  3. 延滞した場合

郵送物が自宅に届いた場合

郵送物最近は、銀行カードローンはWeb申し込みができるところが大半となっており、銀行の窓口に出向かなくてもローンの申し込みができるようになってきています。そのため、紙の申込書などから借入が発覚するリスクは低くなってきています。

しかし、意外に見落としがちなのが、審査通過後に送られてくる契約書やローンカードの郵送です。カードローンの申込書を行うと、後日契約書類やローンカードが自宅に郵送で届きますが、この郵送物を夫や家族に見られてしまい、ローンの利用が発覚してしまうケースがあります。

Web申し込みは、申し込み段階で窓口や郵便でのやりとりが省略されるため、最後に「郵送物が届く」という意識が薄らぎ、油断してしまうことがあるようです。

うっかりしてしまいがちなのが利用明細書の郵送

銀行やコンビニのATMを利用して借入をした場合は、その場で明細書がでるため、この用紙の破棄に気をつければ大丈夫です。しかし、振り込みサービスを利用した場合、利用明細書が郵送で自宅に届くケースがあるので注意が必要です。


Web上だけで手続きが完結できるカードローンです。不必要な郵送物なども一切なし、電話による審査もなし!収入があるパート主婦なら内緒で借りられる点が多数から支持されています。

配偶者の勤務先に在籍確認された場合

電話対応収入がない専業主婦が銀行カードローンに申し込む場合、配偶者に安定した収入があることが前提条件となります。とはいえ、銀行ローンでは審査の段階で配偶者の在籍確認は行われないのが一般的です。

ただし、申し込みの際、配偶者の職業や勤務先に誤った情報を記載したり、記入情報に不備があった場合には、在籍確認が行われたりするケースもあります。

実際、虚偽記載や記入ミスなどが原因で在籍確認が実施されてしまい、家族や夫に申し込みがバレてしまうケースも少なくないようです。

延滞した場合

毎月約定日にきちんと返済を行っていれば問題ありませんが、延滞をしてしまうと、必ず銀行側から確認のために郵便や電話を使った連絡があります。

数日の延滞であれば、メールや自宅への電話程度に留まるので発覚の可能性は低いですが、延滞が長くなると自宅へ督促状が届いたり、配偶者の勤務先に直接電話連絡されたりするため、借入を隠すことは難しくなります。

また、延滞期間が長期にわたると「裁判所による支払い督促」が実施されます。この支払い督促の通知は「特別送達」という本人しか受け取れない郵送方法で届きますが、法的手続きが行われているため、家族や夫に隠し通すことは、まず不可能です。

夫や配偶者家族にカードローン利用がバレないためには?

夫などの配偶者や家族にカードローンの利用がバレないようにするには、先に紹介した「発覚しやすいケース」に気をつけることが大切です。そのためには、以下のことを意識して確認するようにしましょう。

  1. 郵送物の有無・受け取り方法をしっかり確認する
  2. 配偶者の会社に在籍確認があるかを確認する
  3. 延滞せずきちんと返済を行う

郵送物の有無・受け取り方法をしっかり確認する

銀行カードローンの審査に通ったら、最初に届く契約書類やローンカードの受け取り方法を設定するのを忘れないようにしましょう。

受け取り最近は、銀行も専業主婦のカードローン申し込みに際して、申込者本人指定で郵送物を送ってくれたり、日時指定を設定してくれたり、郵送物が家族や夫の目に留まらないよう配慮してくれるところが増えてきています。

  • 申込者本人指定で郵送物送付
  • 郵送物の日時指定を設定可能

上記のようなサービスは、積極的に活用することをおすすめします。提供されておらず利用できない場合は、銀行にカードや契約書の到着予定日を確認し、予定日は郵便受けを小まめに確認するなどの対策を心がけましょう。

また、利用明細書などはWeb確認できるよう設定しておくのも忘れないようにしてください。銀行カードローン利用後に郵送物が届くのを防ぐことができます。

配偶者の会社に在籍確認があるかを確認する

専業主婦がカードローンへ申し込む場合、配偶者の職種や勤務先、年収などの記入が必須となります。これは、収入のない専業主婦の場合、配偶者に安定した収入があるかどうか厳しく審査されるためです。

とはいえ、一般的に配偶者の職業や年収などの欄に不審な点がない限り、配偶者の職場に在籍確認は行われません。この理由には次の2つがあります。

  • 申込者が専業主婦(主夫)として生活できている時点で、配偶者に安定した収入があると判断できるため
  • 配偶者に在籍確認をすることで、夫婦関係・家族関係が悪化する恐れがあるため

銀行側も、専業主婦を申し込み対象者としている以上、十分気を配っているのです。

但し、申込者の配偶者欄に虚偽記載や記入ミスがあった場合は、銀行も厳しい態度で臨んできます。在籍確認もそのひとつとなっています。申し込み発覚のリスクを避けるためにも、配偶者の年収や職種、職場、役職などの記入は慎重に行いましょう。

また、数は少ないですが、最初から「在籍確認あり」として、専業主婦の申し込みを可能としている銀行もあります。申し込みを行う場合は、事前に在籍確認の有無をしっかり確認してください。

延滞せずきちんと返済を行う

督促状約定日に返済を行わないと、利用者に対して、確認の電話や延滞に関する書類の郵送が行われます。

さらに、借入先からの連絡や郵送物を無視して延滞を続けてしまうと、配偶者の勤務先に直接督促の電話がかけられたり、裁判所から支払い督促が届いたりするため要注意です。

実際、専業主婦のカードローン利用が家族や夫にバレるケースとして最も多いのが、この延滞に関する電話連絡や郵送物だとされています。延滞が原因の発覚を避けるためにも、カードローンの利用は計画的に行い、毎月きちんと返済を行うよう心がけましょう。

また、万が一約定日の返済が厳しい場合は、事前に借入先の金融業者へ連絡をしておくことも大切です。

約束の日に返済するのは、当たり前のことです。延滞すれば、その人の信用度を著しく損ない、頻繁な確認や督促が行われてしまいます。しかし、なにかしらの事情で返済が難しくなるケースがあることは、カードローン契約している銀行側も折込済みです。

「返済が遅れてしまいます」と事情を説明して謝罪すれば、銀行側も返済日をずらすなどの配慮をしてくれますので、事前連絡だけは怠らないよう気をつけてください。

まとめ

専業主婦は銀行カードローンか配偶者貸付でお金を借りられる!

専業主婦の場合、利用できる融資商品は銀行カードローン、配偶者貸付に対応している金融業者に限られています。

銀行カードローンは、原則「家族に内緒」で借入できるのに加え、面倒な書類や手続きはほとんどなく、比較的簡単にお金を借りることができます。配偶者貸付に対応している金融業者は、書類を用意する必要がある上、手続きに手間がかかってしまうため、どうしてもお金を借りたい場合の選択肢にしましょう。

自身に返済能力があるわけではないので、専業主婦の方でカードローンからお金を借りる際は、使い過ぎないよう「健全なキャッシング」を心がけるようにしてください。

専業主婦OK!
専業主婦が利用できる銀行カードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
© 2014 - 2022 Agoora.inc.

TOP