カードレスキャッシングのメリットとデメリットなどを解説!カードなしで借入できる

空の財布

この記事で分かること

  • カードレスキャッシングの仕組み
  • カードレスキャッシングのメリット
  • カードレスキャッシングのデメリット

最近では、カード発行が無い「カードレスキャッシング」という融資の取引方法があります。カードレスは、カードローンのほか、クレジットカード、銀行口座にも導入されており、パソコンやスマートフォンから取引できます。

本記事では、カードレスキャッシングの仕組みや、カードレスでお金を借りられるローンを利用するメリット・デメリットなどについて説明します。

カードレスキャッシングの仕組みとは?

カードレスキャッシングは「カードが無い」便利な融資方法

カードレスは、英語の ”cardless payment” が語源で、カード発行の無い融資方法です。カード無しの支払いや、カードを使わないキャッシングを総じて「カードレスキャッシング」と呼んでいます。

カードレス取引は金融業界だけでなく、共通ポイントや電子マネー分野にも導入されています。また、身分証明にもカードレス(指紋認証や顔認証)システムが取り入れられるようになりました。

そのほか、通販サイトやネット決済が電話番号やメールアドレスで取引できるサービスも世界的な広がりを見せています。

審査が通ればカード不要で即借入、キャッシングできる

カードカードの発行が無ければ、キャッシングカードの受け取りに時間を費やす必要もなく、契約が終わった段階ですぐにキャッシングサービスを利用して借入が始められます。

スマートフォンが普及してからは、カードの代わりにアプリを使った決済や、ポイント管理が広く導入されました。今後はローンの世界でも、カード無しの取引が広がると予想されています。

カードレスキャッシングのメリット

  • 申込から融資まで最短でお金が借りられること
  • カードが無い分、財布の中もスマートになる
  • スマホ専用アプリ(無料)で簡単に取引可能
  • カードレスローンは明細や契約書の紙発行もなし

申込から融資まで最短でお金が借りられること

カードレスキャッシングの良さは、カードローンの申込から融資までのスピードが速いことです。何より、カードの到着を待たずに済むので、時間を短縮し、審査が終わった時点ですぐにキャッシングが利用できます。

また、ネットバンキングと併用することで、銀行やATMの稼働時間を気にすること無く、24時間好きなタイミングで、キャッシング出来るようになりました。

カードが無い分、財布の中もスマートになる

財布カードの発行がなければ、財布の中もスマートに保てます。また、明細などの発行も無いので、スマホやパソコン一台でキャッシングや支払い、返済まで、すべての手続きが「ネット上だけで一括管理」できます。

電話カードレスキャッシングに必要なものは、スマホ一台と、ローンのログインID、そしてパスワード(暗証番号)だけです。これなら、万が一財布を落とした時や、旅先で現金が必要になった時でも、簡単な操作だけで、希望する口座(本人名義)にお金が振り込めます。

ただし現金の引き出しには、振込先口座のキャッシュカードが必要です。銀行のキャッシュカードだけは忘れずに、必ず(現金が必要な場合は)財布の中に携帯しておいてください。

カードレスは、手数料の節約にも役立つ!

多くの金融機関(銀行・消費者金融・信販会社)は、カードレスの取引に対して、手数料を無料にしたり、格安でサービスが利用できるようにしています。

例えば、カードローン返済を行う際も、振込手数料を無料にしたり、キャッシングで指定口座に振り込む場合も「手数料無し」で、必要なお金が受け取れます(※ 一部例外あり)。

スマホ専用アプリ(無料)で簡単に取引可能

最近は、パソコンよりも簡単に操作できる「スマートフォン専用アプリ」がリリースされています。

全てのローン会社ではありませんが、多くの銀行や消費者金融は、無料アプリを用意し、会員がキャッシングや返済に使えるよう、便利なコンテンツを開発しています。

1万円例えば、あるカードローン専用アプリは「GPS機能」を使って、最寄りの提携ATMを通知してくれます。また、アプリからもキャッシング手続き、増枠や返済操作ができるよう、オンライン上のサービスを充実させています。

パソコンを持っていないという方でも、アプリからの操作ができれば、より簡単・便利に、ネット上のサービスが利用できます。(まだの方は、ぜひ)無料アプリをダウンロードし、カードレスキャッシングを活用してみてください。

カードレスローンは明細や契約書の紙発行もなし

無用な郵送物が減る上、エコで環境にもやさしい

多くのカードレスローンは(カード発行以外にも)契約書やカードの利用明細を「発行無し」に設定しています。また、カードレスローンに「紙の請求書」を希望する場合は、オプションとして300円~500円程度の費用が掛かることがあります。

パソコンを使う男性カードレスローンを利用する場合は、紙の請求書ではなく、オンライン明細(無料)を利用しましょう。こうすれば紙代だけでなく、郵送費も掛からないのでお得にネットキャッシングが利用できます。

もし、紙の請求書が必要な場合は、必要な部分だけを取り出し、パソコン等で印刷しましょう。どのカードローンも、取引明細をPDF形式(または、Excel形式)でダウンロードでき、自宅での印刷に対応しています。

プリンタがなくても、コンビニでネット印刷できる

カードレスの明細を印刷する際、わざわざプリンタを購入せずに済みます。最近は、必要なPDFファイルをコンビニで、プリントできます。

「コンビニプリント」等のキーワードで検索すると、オンライン上でプリントする方法が記載されています。キャッシングの利用明細をPDFでダウンロードし、必要な書類は、最寄りのコンビニでプリントアウトしてみましょう。

カードレスキャッシングのデメリット

「便利すぎる」ので借り入れ、使い過ぎに注意!

カードレスキャッシング唯一のデメリットは「便利すぎる」という点です。ネットだけで手軽にキャッシングできるため(普通預金を引き出す感覚で)ついつい使い過ぎることが多々あるようです。

こうした事態にならないよう、きちんとキャッシングの利用状況をチェックし、計画的に借りるようにしてください。

計画性を持って使うには、オンライン明細を使用することです。パソコンやスマートフォンから利用状況が確認でき、使いすぎを未然に防ぐことができます。

カードレスサービスは通常のローンでも利用可能

実は、カードレスキャッシングができるは「カードレスローン」に限りません。通常のローン(カード発行あり)でも、ネット上からオンラインキャッシングが利用できます。

まずは、会員サイトにログインし、カード番号と暗証番号を入力しましょう。これで、カードレスキャッシング同様、ネットキャッシングが利用できます。

現在カードローンを利用中の方も、ぜひ「カードを使わない」オンラインキャッシングを活用してみてください。

まとめ

カードレスキャッシングは融資が早く取引も容易

今回は、便利な「カードレスキャッシング」について紹介してきました。カードレスの仕組みは、キャッシングサービスをより便利で、身近な存在へと変えてくれました。

これからローンを申し込まれる方は、便利で融資スピードも速い、カードレスキャッシングを利用してみましょう。パソコンや、今お使いのスマートフォンが使えるので大変便利です。

もちろん「現金派なのでカードを使いたい」という方は、通常のカードローンサービスを利用してください。提携ATMから手続き可能で、コンビニや最寄りの銀行でキャッシングが利用できます。

カード発行なし
来店不要!WEB完結でキャッシング

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「アコム」をチェック
  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
人気カードローンランキング
© 2014 - 2022 Agoora.inc.

TOP