今すぐ・明日までにお金が必要なら即日キャッシング!カードローンでお金を借りるのが安全策

計算機と現金

銀行マン急ぎでお金が必要な時は、カードローンを利用して今すぐ「お金のピンチ」を切り抜けましょう!カードローンを活用すれば、月々の返済負担だけで無く、返済総額も大幅に抑えられます。

例えば、複数のキャッシングや借入があれば、一つのローンに集約をしてみてください。カードローンをまとめれば、金利の無駄も省けます。

本記事では、今すぐお金が欲しい・明日までにお金が欲しい方が、即日で融資を受けるために知っておくべきことなどについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

今すぐ・明日までにお金が必要な時は即日融資!

前提として即日融資対応のカードローンを利用すること

カードローンによっては、即日お金を借りられない金融業者もあります。まずは即日融資を行なっているカードローンをご紹介します。

即日融資のカードローンを行なっている金融業者は主に消費者金融です。消費者金融業者を中心に即日でお金を借りれるカードローンを探していきましょう。

消費者金融のカードローンなら即日借りられる

消費者金融でも安心消費者金融のイメージは、世間ではあまり良くないかもしれません。しかし、2010年の貸金業法改正の前後のタイミングで、銀行と消費者金融の双方が利益を確保する為に、ほとんどの消費者金融が銀行の傘下に入りました。銀行グループである消費者金融の利用は、以前よりも安心できる借り入れ先となりました。

もちろん、たくさんの消費者金融で即日融資のカードローンが提供されています。審査も比較的早いのもが多いので、急にお金が必要になった時に便利に利用できるでしょう。

銀行カードローンで明日お金を借りるのはコツが必要

銀行融資で明日お金を借りる方法からみていきましょう。銀行での翌日融資にはコツがあります。ポイントさえ掴んでいればスムーズに借入れできます。

希望する銀行カードローンの銀行口座を持っていれば、翌日融資の対象となる

銀行口座銀行が提供するカードローンで翌日融資を受けたい場合、その銀行の「口座」を持っていなければなりません。例えば「みずほ銀行」が行っているカードローンも、もちろん銀行口座が必要となります。翌日融資では通常、最も早く融資してもらえるのがインターネットからの申込みです。

インターネットから申請して許可が下りれば、すぐに銀行口座にお金が振り込まれます。また、申請時にお持ちの銀行キャッシュカードに「カードローン機能」を付けられます。

カードを再発行しなくても、審査通過後にはローン機能が付与された形で利用できるようになるので、手間がかからず大変便利ですよね。

銀行は総量規制の制限を受けない

また、消費者金融では原則年収3分の1以上の融資を受けられません。これは消費者金融を含む貸金業者に対する法律「貸金業法」内で定められているからです。ただ、銀行は貸金業者ではありませんので、この総量規制の対象外となり、年収の3分の1以上の借入れができるのです。

しかし、銀行は総量規制の制限を受けないとは言え、銀行が認めるのは一般的に返済が見込める融資額(=年収の3分の1程度)となるので、極端に高額な融資は受けられないと考えておきましょう。

消費者金融カードローンは今すぐお金を借りやすい?

消費者金融での即日融資であれば銀行とは審査基準が異なるので、即日でお金を借りられる可能性も高まります。

消費者金融は当日中に借りられる上、銀行のように特定のカードが必要になったりすることはありませんので、特別に何も用意しておく必要はありません。

最低限の書類は必要だが即日融資を受けやすい

最低限必要になってくるのは「本人確認書類」ですね。これは一般的に「運転免許証」や「健康保険証」です。言わばご自身が「申し込み本人である」ことが証明できればよいわけです。

本人確認できれば良いため、パスポートであっても受け付けてもらえます。本人確認書類にどんなものが当てはまるかは、借り入れ希望先の金融業者で確認してみましょう。

即日融資の希望額次第で収入証明書が必要になる場合も

収入証明書は、年末調整時に職場で受け取る「源泉徴収票」が最も一般的でしょう。しかし、希望する金額や消費者金融によっても必要であったり、不要であったりとさまざまです。

大手消費者金融や大手銀行のカードローンであれば50万円以下では原則不要のところが多いです。

消費者金融を語る闇金(やみきん)や街金に注意!

闇金未だ世間には、すぐお金が欲しい人を食い物にする、闇金や街金(=違法業者を指す場合が多い)と呼ばれる悪徳業者は存在しています。

闇金や街金とは、違法な高い金利で利用者に融資し、返済が遅れたりするとさまざまな手段で取り立てを行う厄介な違法業者です。

、「限度額ギリギリに借入れているけど、さらに急なお金が必要になった」場合や、「自己破産してクレヒスに深い傷があるけど、お金が不足してて生活ができない」場合など、極端に困っている人に対して、消費者金融を名乗り甘い言葉で誘ってきます。そして「お金を貸してくれる」のです。

どうしようもない場合は、優しい言葉に甘えてついつい頼りたくなるものでしょう。しかし、一度闇金に手を付けてしまうと、必ず大きなトラブルに巻き込まれるので絶対にやめておきましょう。

即日お金を借りられるかが決まる申し込み方法

すぐ金借りるならインターネットでカードローン申し込み

即日融資を希望の場合は、もちろんインターネット申し込みを利用しましょう。この方法が最も早いです。また、銀行や消費者金融では、「当日の何時までに申請すること」と明記されている場合が多いです。

ちなみに銀行や消費者金融での即日融資の申請時間は、ほとんどが多く14時前後で区切られています。もちろん審査に少しでも引っかかってしまうと、翌日に回されてしまうので、必要書類やご自身のステータスはしっかりと確認してしておきましょう。

できれば午前中にはネットで申請を済ませておくこと

午前中に申請しておけば、審査通過すると必ず即日でお金を借りられます。また、早朝や夜中の時間帯であってもインターネットは24時間申し込みできるので、急に必要になった時は、すぐにでも申し込んでおく方が安全です。

即日でお金を借りるのに必要な3つの条件

即日での融資は通常のカードローンよりも審査が厳しい傾向にあります。理由はもちろん、申込者の審査を素早くする必要があるためです。簡単に言うと、「申請書類を見せてすぐにOKを出してもらえる」ような社会的信用度の高さが必要になります。

では、即日融資にはどのような条件が必要となってくるのか、チェックしていきましょう。

即日お金を借りるための条件

  1. 定職についている
  2. 過去のローン支払いにトラブルがない
  3. 成人である

定職についている

定職についているもちろん無職の人はお金は借りられません。金融業者も返済の見込みのない人に融資しても仕方がないからです。また、仕事は決まっているけど「まだ実際に働いていない」という人も、無職同様の扱いをされてしまい、ほとんどの場合で審査否決となるでしょう。

フリーターや専業主婦、パート主婦でも即日融資が可能な場合もあるのですが、なかなかハードルが高く審査に落とされてしまう場合もあります。

しかし、アルバイトやパートでも勤続年数が長ければ審査に有利となるので、審査にも通過しやすくなります。年収が多少低くても諦めずにチャレンジしてみましょう。

サラリーマンであれば、間違いなく即日でお金を借りられる

勤続年数もそこそこ長いサラリーマンであれば、ほぼ間違いなく審査に通過できるでしょう。もしサラリーマンで審査に通過できない場合は、何かしらの条件を満たしていないことが理由となります。

勤続年数が1年未満と短かったり、次の項目で説明する「クレヒス」に問題があったり、様々な条件を総合的に判断されるためです。

過去のローン支払いにトラブルがない

過去にカードローンを利用したことがある方は注意しましょう。過去の返済履歴に未納や滞納などは無かったでしょうか? もしこれらのマイナスとなるような履歴があれば、即日でのお金の借入れは実に難しいものとなります。

クレジットヒストリーとは?

クレジットヒストリーとは略語で「クレヒス」と呼ばれている、個人の信用情報のことです。この信用情報の中には、過去に借入れを行っていた際の借入額や返済履歴がしっかりと記録されているのです。この信用情報は、様々な審査時に利用されていて「カードローン利用申請時」や「住宅ローン利用申請時」、「クレジットカード発行申請時」などにも大きく関わってくる、とても重要な履歴なのです。

真面目信用情報には直近の2年間の記録が残されているので、過去に何かしらトラブルを起こしてしまった記憶のある人は要注意です。

また、3つの信用情報機関が履歴を残していて、カードローンに大きく関係するのは「JICC」という日本信用情報機関が保管しているものです。JICCは特に消費者金融でのカードローン履歴に特化していて、過去に利用したことがある人は、このJICCという信用情報機関に必ず履歴が残っているでしょう。

クレヒスの履歴は3つの情報機関で共有されている

「銀行カードローンの利用時にはJICCは関係ないの?」と思ってしまうかもしれませんが、3つの信用情報機関で情報が共有されているので、どこでお金のトラブルを起こしていてもすぐに分かる仕組みになっています。

もちろん、「過去にカードローンを利用したことはあるけど特にトラブルがなかった」人は、何も心配する必要はありません。むしろ、カードローンをしたことがあり、なおかつ返済している履歴があれば、審査時にとても有利になります。「また借入れても、しっかりと返済してくれる」優良顧客として、信用度が高まるためです。

成人である

未成年ではないことも重要です。一般的に20歳~65歳までの制限があるため、20歳未満の未成年では審査すら受けられません。

20代前半でもあまり年収も多くなく、社会的な信用度が低い場合は、即日での融資は難しくなるかもしれません。65歳以上のシニア世代も、これからの収入見込みが少なくなりそうな人には、銀行や消費者金融は融資を行ってくれません。

即日融資を受けられるのは、ある一定基準の社会的信用度がある人に限られる

ここまで、ひとつでも条件をクリアしていないと即日お金を借りることは難しくなるでしょう。ただし、これらの条件は基準値が決して高いわけではありません。

普通に働いていて、普通に生活している人は、十分すぎるくらいの信用度があります。「安定収入」「真面目(=返済がしっかりしている)」「成人」であれば、即日融資の審査基準をクリアするのは難しくありません。

まとめ

今すぐお金が必要なら即日キャッシングで金欠は解決可能

お金に困ったときには、無理せず低金利ローンを取り入れてみてください。カードローンを活用すれば、お金のピンチは乗り越えられます。

また、ネット申込や無利息期間、即日融資対応ローンなど、便利なサービスを上手に使い分けましょう。カードローンは生計費、ビジネス(事業費)、リフォーム、レジャー費用、他社からの借り換え、おまとめ、借金負担の軽減など、さまざまな使い方ができます。

今すぐ借りるならどれ?
【厳選】即日融資カードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「アコム」をチェック
  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
人気カードローンランキング
© 2014 - 2022 Agoora.inc.

TOP