所得証明書なし収入証明書不要でカードローンを利用する方法を解説

収入証明書がない

これからカードローンの利用を考えている人の中には「手元に所得証明書・収入証明書がないけど、カードローンでお金は借りられる?」と心配な人もいるでしょう。また、カードローンの契約を最小限の提出書類で済ませたいと考えている人も多いはずです。

本記事では、収入証明書がない人でも使えるカードローン、収入証明書が必要となる理由などについて解説していきますので、参考にしてください。

所得証明書(収入証明書)とは

所得証明書は「所得(収入)」の額を示す書類

給与明細や賞与明細、広くは納税証明書や税額通知書など「一年間にどのくらいの収入があるのか」証明するための書類です。

カードローンへの申し込みで、所得証明書として受理されやすいのは、源泉徴収票や税額通知書などです。一部のカードローン会社では、直近の給与明細(2~3カ月分)でも通用しますが、ほとんどの場合「年間所得が分かる書類」を提出します。

ボーナスまた、ボーナスをもらっている場合は、一年分の賞与証明書も合わせて必要になります。この他にも「副収入がある場合」は、雑所得も忘れずに申告しましょう。

最近は、副収入を稼いでいる方も増えていますが、所得が多ければ多いほど、審査は有利に進められます。確定申告を行っている方は、所得の内訳が分かるよう書類(原本ではなく写し)をすべて提出しましょう。

所得証明書(収入証明書)として受理される書類の一例

  • 源泉徴収票
  • 直近の給与明細書(2~3ヶ月分)
  • 確定申告書
  • 納税証明書
  • 税額通知書
  • 非課税証明書
  • 所得証明書

さまざまな収入証明書がありますが、サラリーマンであれば源泉徴収票や給与明細書、個人事業主などであれば確定申告書や納税通知書などが比較的用意しやすい収入証明書となるでしょう。

収入証明書不要でカードローンを利用する条件

「収入証明書がない!」そのような方でも、実は条件を満たしていれば、収入証明書が無くても利用できるカードローンは多く存在しています。

下記の項目全てを満たしている場合は、収入証明書が不要となる可能性が高いでしょう。

  • 消費者金融のカードローンを利用する場合
  • 50万円以内の限度額を希望する場合
  • 他社からの借り入れを含めて100万円以内の限度額となる場合
  • その他金融業者から収入証明書の提出を求められない場合

消費者金融のカードローンを利用する場合

消費者金融カードローンの利用

カードローンは主に消費者金融と銀行から提供されています。どちらも同じカードローンなのですが、消費者金融カードローンは貸金業者のため「貸金業法」、銀行カードローンは「銀行法」という、それぞれの法律によってサービス内容が若干異なっています。

基本的に銀行カードローンは、利用先カードローンによっては少額のキャッシングであっても収入証明書が必要となる場合があります。

ただし、消費者金融カードローンの場合、一定の条件を満たしていれば基本的に収入証明書不要でキャッシング可能です。

50万円以内の限度額を希望する場合

消費者金融カードローンへ申し込む際、50万円以内の限度額を希望する場合、収入証明書の提出が不要となります。

50万円を超える限度額を希望する場合は、収入証明書の提出が必須となってしまいます。

他社からの借り入れを含めて100万円以内の限度額となる場合

複数のカードローンを利用中の人で、借入希望金額が他社の借入金額とあわせて総額の限度額が100万円以内の場合は、原則収入証明書不要でキャッシングが可能です。

比較的少額のキャッシングとなる借入希望金額(限度額)の場合、収入証明書を提出しなくても大丈夫なことがほとんどです。

その他金融業者から収入証明書の提出を求められない場合

消費者金融カードローンで各種条件を満たしている場合、原則収入証明書の提出が不要でキャッシング可能です。

しかし、金融業者から収入証明書の提出を求められる場合がある点には注意しておきましょう。

  • 勤務先などのステータスを怪しまれた場合
  • 勤続年数が短い場合
  • 個人事業主などで安定した収入が認められない場合

全てのケースが当てはまるわけではありませんが、本当に収入があるのか、本当に申請した勤務先に勤めているのかなど、ステータスに疑問を持たれてしまった場合は、限度額などが条件内であっても収入証明書の提出を求められることがあります。

カードローンで収入証明書が必要となる理由

なぜカードローンにおける高額なキャッシングには、収入証明書が必要となるのでしょうか。

以下では、カードローンで収入証明書が必要となる理由を確認していきましょう。

収入証明書は利用者の返済能力を確認しやすい

収入証明書は利用者の返済能力を確認しやすい

消費者金融カードローンで収入証明書が必要なケースは、50万円を超える限度額を希望する場合です。収入証明書を確認せずお金を融資した金融業者は、カードローン利用者からしっかりと返済してもらわなければ赤字となってしまい、業績不振に陥るでしょう。

例えば、300万円キャッシングした人の年収が150万円程度であれば、返済能力が足りなくてしっかり返済してもらえず、貸したお金を回収できない恐れが高くなります。

収入証明書には申込者の年収が明記されており、金融業者にとっては申込者の返済能力を確認しやすいため、貸し倒れリスクを軽減する判断材料になります。

総量規制の影響で収入を正確に把握する必要がある

消費者金融カードローンは、貸金業法の法律にある「総量規制」が影響しています。

総量規制とは「貸金業者は利用者の年収3分の1超のお金を貸し付けてはいけない」と限度額が規制された法律です。

総量規制条件下で年収300万円の人の限度額は?

例えば年収300万円の人が消費者金融カードローンを利用する場合、100万円までの限度額となります。また、年収は手取りではなく額面での金額評価となります。

借入希望金額50万円以内はなぜ収入証明書が不要?

消費者金融には年収の3分の1という総量規制の影響があるにも関わらず、「なぜ50万円以内の限度額には収入証明書が不要なのか」を疑問に思う人もいるでしょう。

限度額50万円を利用できる人は、限度額の3倍の年収、つまり年収150万円以上ある人が対象となります。ほとんどの人は年収150万円以上あるため、限度額50万円以内の場合は年収の確認をしなくても大丈夫と判断されていると考えられます。

専業主婦もカードローン審査で収入証明書が必要?

貸金業法が適用されない借入であれば収入証明書は不要

カードローンやキャッシングには必ず審査がありますが、この審査にあたり、金融機関側から「収入証明書」の提出が求められることがあります。では、本人の収入証明書を出すことができない専業主婦は、どう対応すれば良いのでしょうか?

キャッシング探す専業主婦は自分自身の収入がないため、収入証明書の提出義務のない「消費者金融からの50万円未満のキャッシング」にも申し込むことができません。

ここでポイントとなるのが、収入証明書の提出義務や総量規制は貸金業法によるもの、だということです。つまり、貸金業法が適用されない借入であれば、専業主婦でも申込み可能なケースがあるということです。

専業主婦でも申込み可能な銀行カードローンは不要

その代表的なものが、銀行法が適用となる銀行のカードローンです。総量規制が施行されて以降、専業主婦は消費者金融からの借入が原則不可となりましたが、最近はその受け皿として銀行が「専業主婦でも申込み可能なカードローン」を打ち出すことが増えてきました。

現在では多くの主婦が上手に活用しています。

ただし、収入証明書の提出に関しては「絶対に必要ない」わけではないので注意が必要です。例えば、借入額が大きい場合や申告した配偶者の年収に不審な点がある場合などは、申込み後に改めて収入証明書を求められることもあります。

この追加依頼の連絡によって、配偶者や家族にカードローン申込みが発覚してしまった!なんて話もあるので気をつけて下さいね。

収入証明書が不要でも本人確認書類の提出や在籍確認はある?

カードローン申込時に収入証明書の提出が不要であっても、本人確認書類の提出や在籍確認は必須となっています。まずは、本人確認書類から確認していきましょう。

収入証明書が不要でも本人確認書類の提出は必要

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

本人確認書類とは、上記の顔写真付きの書類が対象となります。カードローンとの新規契約時には、本人確認書類の提出が必須となります。

また、消費者金融カードローンなどで申し込み当日の即日キャッシングを利用したい場合、本人確認書類が提出できなければカードローン契約そのものが行えません。

カードローンへ申し込む前には、しっかりと本人確認書類を手元に準備しておきましょう。

収入証明書が不要でも電話による在籍確認はある

収入証明書の提出が不要でも、本人確認書類の提出が必須となっていました。さらに、電話による在籍確認も原則行われる点には注意しておきましょう。

収入証明書による年収の確認はされなくても「申込者に安定した収入があるのか」はしっかり審査されます。この確認方法が在籍確認と呼ばれているもので、主に勤務先への電話連絡で確認されます。

在籍確認は個人名で行われるため職場にはバレない

電話による在籍確認も行われる

在籍確認はカードローン名や金融業者名を名乗らず、電話での在籍確認を行うスタッフの個人名で行われるため、職場にカードローンの利用がバレてしまうことはありません。

ただし、普段は勤務先に電話がかかるようなことがない人は、個人名でかかってくる在籍確認の電話が少し怪しまれてしまう可能性があるかもしれません。

確実にカードローンの利用がバレたくないという人は、「先日クレジットカードへ申し込んだ」などと伝えておくのも良いでしょう。

多くの場合、クレジットカードも電話による在籍確認が行われるため、怪しい電話がかかってきてもカードローンと思われることはないでしょう。

カードローン契約後に収入証明書の提出が必要となるケースもある

すでにカードローンとの契約が完了しているという人でも、利用状況によっては収入証明書の提出が求められる場合があります。

  • カードローンの増枠申請で限度額50万円を超える場合
  • 前回収入証明書を提出してから3年が経過している場合

カードローンの増枠申請で限度額50万円を超える場合

過去に50万円以内の限度額でカードローン契約していた人が、増枠を希望する場合は注意しておきましょう。

消費者金融カードローンでは、50万円を超える限度額を希望する場合は収入証明書の提出が必須となりますが、カードローンの増枠申請時であっても同じです。

50万円超の増枠申請する場合も収入証明書が必要となるため、前もって手元に準備しておくようにしておきましょう。

前回提出した収入証明書の発行日から3年が経過している場合

多くの消費者金融カードローンでは、前回提出した収入証明書の発行日から3年が経過した場合、再度収入証明書を提出するよう求められます。

50万円を超える限度額で、長期的にカードローンを利用している人は必ず提出が必要となるため、3年が経過する前には収入証明書の準備をしておくようにしましょう。

50万円超の借入でも収入証明書が不要な業者には要注意

収入証明書不要でキャッシングできるカードローンにおいて、絶対に注意しておくべき金融業者について紹介します。

50万円超の限度額でも収入証明書が不要の場合はヤミ金の可能性

もし50万円長の限度額を希望する場合でも収入証明書の提出を求められない貸金業者であれば、「ヤミ金」と呼ばれる悪徳業者である可能性が非常に高いでしょう。50万円超の限度額の場合や、複数カードローンの借り入れ総額が100万円超の場合は、法律で収入証明書の提出が定められていましたよね。このため、これらの条件でも「収入証明書の提出不要!」など、甘い言葉で利用者を誘惑している金融業者には絶対に注意しておく必要があります。

ヤミ金を使ってしまったら、大きなトラブルに…

ヤミ金を使ってしまったら、大きなトラブルに…

ヤミ金とは、キャッシング利用者に非常に高い金利をつけて、恐喝まがいの方法で取り立てを行う違法な悪徳業者なんです。一度ヤミ金を利用してしまうと、必ず大きなトラブルに巻き込まれてしまうでしょう。

「現在もヤミ金なんて存在する?」と、ヤミ金を過去の存在として捉えている人も多いと思います。しかし、最近でも定期的にヤミ金逮捕などのニュースが報道されているので、過去よりもヤミ金業者の数が減ったとはいえ、未だに存在しているんですよね。

ヤミ金の甘い誘惑に騙されないこと

このため、貸金業者で50万円以上の限度額の場合に収入証明書の提出を求められない時は、ヤミ金である可能性が非常に高いため、絶対に気をつけておいでくださいね。

まとめ

収入証明書が不要なカードローンは多く存在する

条件内で収入証明書が不要なカードローンは多く存在する

この記事では、収入証明書の提出が不要なカードローンや、契約時に収入証明書が必要となる理由などについて紹介してきました。

繰り返しになりますが、カードローンで収入証明書が不要なケースは「消費者金融カードローンで50万円以内の限度額、または、借り入れ総額が100万円以内」の場合のみです。

消費者金融カードローンで少額のキャッシングを希望する場合は、収入証明書は不要で本人確認書類の提出だけで借入可能なため、とてもスムーズな手続きが期待できます。

「収入証明書がなくてカードローンの利用を悩んでいる」という人は、ぜひこの記事を参考にしながら、消費者金融カードローンへの申し込み~キャッシングを検討してみてくださいね。

収入証明書を用意しなくても便利に利用できるカードローンはたくさんあります。ぜひカードローン審査に通過させて、うまく資金調達ができるようにしてみてくださいね。

収入証明書で選ぶ!
すぐにお金を借りられるカードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐ「アコム」をチェック
人気カードローンランキング
© 2014 - 2022 Agoora.inc.

TOP