WEB完結(来店不要)でキャッシングできるカードローン2選!知っておくべき注意点も解説

スマホを持つ女性

カードローンのWEB完結とは、申し込みからキャッシングまで、全ての手続きが「ネットだけ」で済ませられるサービスのことです。

本記事では、カードローンにおけるWEB完結申し込みを利用するメリット、WEB完結サービスに対応している代表的なカードローンなどを紹介します。

電話連絡や職場への在籍確認電話などが嫌で、カードローンへの申し込みを今まで躊躇していた方は、ぜひ参考にしてください。

カードローンのWEB完結とは

パソコン操作する男性カードローン業界におけるWEB完結とは、大手消費者金融系がスタートさせた「ネット上だけで全ての取引ができる」画期的なキャッシングサービスです。

WEB完結が優れているのは、面倒な電話審査がない点です。また、WEB完結ではカードや契約書の発行も無いので、審査通過後はすぐにキャッシングを利用できます。

カードローンにおけるWEB完結の特徴は、主に下記のとおりです。

  1. 自動審査を採用している(電話なし)
  2. 指定の口座の利用で本人確認の必要なし
  3. カード・契約書の郵送もないため速い
  4. 来店不要でキャッシングが利用できる

自動審査を採用している(電話無し)

カードローンを利用する際「電話連絡が苦手…」という方は多いです。

  • 周りにバレないか心配…
  • 家族に知られたくない
  • 周囲の目が気になる

パソコンこのような時に役立つのが、カードローン審査などの電話連絡がないWEB完結サービスです。WEB完結なら、面倒な職場への電話確認や本人への電話連絡はありません。

現在、WEB完結を採用している代表的なカードローンは、SMBCモビットとプロミスの二社です。

※補足:みずほの銀行ローンも一部「Web完結」に対応しています。

指定の口座の利用で本人確認の必要なし

WEB完結では、銀行口座の指定があります。例えば、WEB完結型の代表的ローン「SMBCモビット」では、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のいずれかの普通口座が必要です。

coverもちろん、家族や第三者の口座では無く、必ず「本人名義の口座」が必要です。口座を準備するのは難しくありません。最寄りの店舗の店頭窓口で手続きをすれば、最短その日の内に指定される口座が取得できるでしょう。

そして、自宅に帰ってからWEB完結型ローンに申込をすれば、素早く即日融資が受けられます

カード・契約書の郵送もないため速い

WEB完結はキャッシュカードの発行がありません。その代わり、インターネット上で振込手続きを行い、自分名義の口座で(現金を)引き出す仕組みを採用しています。

@mailこのようなカード発行の無いローンは、通称カードレスキャッシングと呼ばれています。カードレスが良いのは、カード番号と暗証番号を取得しておけば、ATMや銀行に出向くこと無く、スマートフォンやパソコンで、簡単に振込キャッシングできる点です。

郵送を待つ必要も無いので、どのローンよりも手早く必要な現金が引き出せます。融資を急いでいる方とって「最もふさわしいローン」と言えるでしょう。

来店不要でキャッシングが利用できる

これまでのカードローンは(審査が通った後に)郵送でカードと契約書を受け取るか、最寄りの店舗で、受け取り指定する必要がありました。しかし、WEB完結型なら待ち時間もなく、自宅にいながらキャッシングが利用できるので、大変便利です。

また、WEB完結型ローンはキャッシングだけでなく、返済や増枠申請など、すべての手続きがネット上だけで済ませられます。

カードローン申し込みをWEB完結・店頭・自動契約機で比較

カードローンの申し込み経路ごとのメリット・デメリットをまとめてみました。

申込経路 メリット デメリット
WEB完結 ・来店の必要がない
・24時間365日好きなタイミングで申込み可能
・自宅など好きな場所から申込みできる
・家族や周囲に申込みがバレにくい
・インターネット環境が必須
・カードの受け取りに時間がかかる
・土日祝日の即日融資が難しい場合がある
店頭 ・カードをすぐに受け取ることができる
・疑問や質問に担当者がすぐに対応してくれる
・最寄りの店舗に来店する必要がある
・人目につくため申込みがバレる可能性がある
・営業時間外の申込みができない
自動契約機 ・店頭に比べて営業時間が長い
・利用までのスピードが速い
・担当者と対面する必要がない
・カードをすぐ受け取ることができる
・土日祝日の申込みが可能
・自動契約機がある店舗に出向く必要がある
・人目に付きやすいため、誰かに見られる可能性がある
・営業時間外の申込み不可
・自動契約機の台数が限られておいるため、利用できない店舗がある

WEB完結(来店不要)でキャッシングできるカードローン2選!

SMBCモビットのWEB完結カードローン

SMBCモビットのWEB完結で必要な書類

準備するもの 内容
①指定の銀行口座 三菱UFJ銀行もしくは、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のいずれかの普通口座(必ず本人名義の口座であること)
②身分証明書 運転免許証もしくは、パスポート※有効期限内のもの
③所得証明書 ・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書(直近二ヶ月分)
いずれか一通、最新の写し(コピー)が必要
④保険証 全国健康保険協会発行の社会保険証、もしくは組合保険証(※有効期限内のもの)

①~④の書類を準備したら、WEB完結の申込フォームを開き手続きを始めましょう。申請の流れは、名前や生年月日のほか、自宅、職種、勤続年数、勤務先の情報、他社での借入額等を入力するだけOKです。

財布また、必要書類は、スマートフォンや携帯電話のカメラで撮影し、そのまま指定されるアドレスに送信すれば、審査の手続きは完了です。

あとは、審査結果のメールが来るのを待ちましょう。速ければ30分以内にローン審査の結果が送られてきます。結果がOKであれば、そのまま自分名義の口座に振込キャッシングをしてみましょう。

審査で決定された「利用限度額」の範囲であれば、好きな金額を入力しキャッシング手続きが行えます。

SMBCモビットの提携金融機関

SMBCモビットは提携先が多く、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行をはじめ、セブン銀行、イオン銀行、セゾンカード、プロミスのほか、全国の地方銀行、一部の信用金庫でも取引が行えます。

このほか、駅にあるVIEW ALTTEやPatSatでも入出金ができるので、利用してみてください(※この場合、発行されたカードが必要)。

必要書類の画像を送信する前に確認を

スマホ画像の撮影(身分証明書や所得証明書など)では、文字や文章がぶれたり、ピンぼけにならないよう注意してください。もし、画像の読み取りができない場合は、カード会社から確認の電話が掛かってくる可能性があります。

画像を送信する前には、きちんと「読み取りできるかどうか」確かめてから手続きを進めてください。

SMBCモビットのWEB完結で注意したいこと

SMBCモビットのWEB完結は、保険証の区分によって一般にお勤めの(社会保険証を取得している)方か、公務員など組合保険証を取得している方しか利用できません

国民健康保険証をお使いの方は、通常の「ネット申込」を利用してください。ネット申込でも審査はスピーディーで、審査時間:10秒簡易審査。

最短30分で審査結果が分かり、即日融資に対応しているので安心です(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

プロミスのWEB完結カードローン

プロミスの融資に必要な書類

準備するもの 内容
①指定の銀行口座 三菱UFJ銀行もしくは、ジャパンネット銀行の普通口座(必ず本人名義の口座であること)を振込先に指定すること。
②身分証明書 運転免許証もしくは、パスポートなど
※有効期限内のもの
③所得証明書 プロミスでの借入額が50万円を超える場合や、他社との合算が(申込時の希望額を含め)100万円を超える場合は、所得証明書が必要。
【所得証明書とは】
・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書(直近2ヶ月分)
いずれか一通、最新のものが必要。また、賞与(ボーナス)がある場合は、賞与証明書も合わせて提出すること。

申請の流れは、プロミスの「WEB完結」申込フォームを開き、本人情報、勤務先、家族構成など「必要事項」を記入します。フォームの入力が終わったら、必要書類を送信して審査結果を待ちましょう。

女性最短30分で審査結果が出るほか、申込時には「仮審査の結果」がその場で分かるので便利です。

また、ネット申込はすべて、画面上のガイダンスに沿って(必要事項を)入力するだけです。初めての方でも迷うこと無く、最短即日融資も可能となっています(※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります)。

プロミスのWEB完結カードローンなら、プロミスの店舗の店頭窓口や親銀行の三井住友銀行が無い地方でも、気軽に手続きできるので便利です。

カードローンのWEB完結で確認すべき注意点

カードローンのWEB完結内容は各金融業者によって異なる

壊れたPC

カードローンのWEB完結には大きな落とし穴があります。それは、SMBCモビットのようなWEB完結と、他社のWEB完結には(サービスや手続き上)大きな違いがあることです。

WEB完結という名称は、至る所で使用されています。本来は(SMBCモビットのように)電話連絡なしのローンサービスを指していましたが、いつの間にか「ネットで申し込むサービス」を総じてWEB完結と呼ぶようになりました。

しかし、SMBCモビットのようなWEB完結と思って他社のWEB完結を申し込むと、実際は電話連絡があったり、カード発行されて郵送で届くなど、使い勝手が全く違うので混乱する可能性があります。

SMBCモビットの他にも「プロミス」でもWEB完結を扱っています。しかしこちらも、SMBCモビットとは違ったサービスを実施しているので注意が必要です。

そのため、WEB完結ローンを申し込む際には、以下のポイントをチェックしてから申し込むようにしましょう。

WEB完結で『確認すべきポイント』

  • 電話連絡はあるのか
  • ネット申込=WEB完結と呼んでいるのかどうか
  • 職場への電話連絡があるのか

SMBCモビットとプロミスのWEB完結カードローンの違い

以下、SMBCモビットとプロミスWEB完結の違いをまとめてみました。

項目 SMBCモビットWEB完結 プロミスWeb完結
カードの発行 なし なし
書類の郵送 なし なし
電話連絡 なし あり
申込の条件 三菱UFJ銀行か三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のいずれかに普通預金口座をもっている方で、社会保険証や組合保険証をお持ちの方(国民健康保険=自営者はNG)に限る。 申込時に、プロミス指定の口座振替を登録し「カード発行無し」を選択すればOK!

一見同じような名称のサービスでも、SMBCモビットには電話連絡なしのWEB完結があるものの、プロミスにはしっかり電話連絡があります。

同様に他社のWEB完結サービスも、電話連絡があるものや無いサービスに分かれるので、必ず各ローンの申込条件をしっかり確認してから申込をしてください。

WEB完結が利用できないのはこんな人

SMBCモビットの場合、自営業の方はWEB完結に申し込めない決まりになっています。しかしプロミスの場合は、個人事業者に関する記載は無いので(自営者の方でも)自由に申込ができます。

WEB完結の申込審査で職場への電話連絡を無くす方法

SMBCモビット以外のカードローンなどで、どうしても職場への電話連絡による在籍確認をして欲しくない方は、こちらから電話を掛けるようにしましょう。

例えば、カードローン申込をする際に携帯電話から「電話連絡について打ち合わせ」をしておけば、電話による手違いが無いので安心です。

カードローン会社のほとんどは、電話を掛ける時間帯や日時のリクエストに応えてくれます。また、電話が不安な方はネット申込をする際に「こちらから電話を掛けるので、メールにて連絡先を教えて欲しい」等、詳しく取引条件を相談してみてはいかがでしょうか。

在籍確認は保険証や社員証で代用可能な場合もある

電話勤務先への在籍確認にしても、保険証や社員証で代用できる場合があるので、カード会社の担当者に相談をした上で「最も安心できる方法」で審査をお願いしてみてください。

口コミによると、ローン会社の審査において電話連絡以外の方法で在籍確認を行ってもらえたケースが確認出来ます。

方法はケースバイケースだと思いますが、多くのカードローンの公式サイトが、「電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください」と表明しています。電話審査が嫌いな方は、ダメ元でも良いので(審査方法の打診に)チャレンジしてみましょう。

まとめ

融資を急ぐ方は便利なWEB完結申込みで今すぐキャッシング可能

今回は、カードローンを契約する上で非常に便利なWEB完結のの申込み方法などについて解説してきました。

カードローン・キャッシングのWEB完結は、即日融資を希望される方に人気のサービスです。カード発行も無いので、電話審査が苦手な方にもおすすめです。

「今すぐ、お金が必要!」という方は、カードローン・キャッシングを申込みする際の参考として、本記事をお役立てください。

WEB完結で来店不要!
即日融資でキャッシングしたい

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「アコム」をチェック
  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
人気カードローンランキング
© 2014 - 2022 Agoora.inc.

TOP